用語集

留学用語集

語学用語集 海外留学では、出発前や現地での手続きを行ううえで、実に様々な制度や専門用語を目の当たりにします。
用語の意味が理解できないと、進められない事がたくさん出てくるのが海外留学の難しいところ。
そこで、皆様のために留学用語をまとめました。

 

日本語検索はこちらから

ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ

>>日本語 用語一覧

アルファベット検索はこちらから

>>アルファベット 用語一覧
Credit(クレジット)
Credit(クレジット)とは、海外の語学学校、大学においては単位の事を呼ぶ。合計何単位という定められた単位を取得すると、学位を取得できる。 Cambridge EFL Examination(ケンブリッジ大学英語検定試験)
Cambridge EFL Examination(ケンブリッジ大学英語検定試験)とは、イギリスを中心に使われる英語検定のこと。英国の名門、ケンブリッジ大学が開発・主催している。英国大学に留学する人はもちろん、特にヨーロッパでの評価が高く、ヨーロッパの企業への就・転職をめざす時にも有効。試験は専門家レベルのCPE(特級)から、高校1・2年程度のレベルを問うKET(3級)まで5段階に分かれている。各級とも年2回実施(6月、11または12月)。受験資格に制限はない。海外企業への就職を目指すならFCE(準1級)レベル以上は必要。日本企業でもPET(2級)レベル以上を評価することが多い。 Community College(コミュニティカレッジ)
Community College(コミュニティカレッジ)はアメリカの公立の2年制大学。 修業年数や準学士号授与機関であるという事から、よく短期大学と日本語訳されるが、社会的背景や学校構造を考えると必ずしも的確な訳ではない。俗に「コミカレ」とも呼ばれる。いずれのコミュニティ・カレッジも、志願者全員合格が前提である。留学生でも高校卒同等以上資格がありTOEFL等により英語力が証明できれば(普通450から500点)、志願者全員が基本的に合格する仕組みとなっている。コミュニティ・カレッジは、一般的にビジネス、コンピュータ、歯科助手や看護師養成といった職業訓練を主とした編成になっていることが多いが、四年制大学への編入学を目的としたコースもある。 Commencement(コメンスメント)
Commencement(コメンスメント)とは、本来の意味は「始まり」。であるが、アメリカでは学位授与式、卒業式のことを指す。「新しい生活の始まり」といった捉え方が、アメリカ文化らしい。 Certificate(サーティフィケイト)
Certificate(サーティフィケイト)とは、特定の知識、技能習得のプログラムを終了したことを証明するもの。専門課程では3ヶ月~1年間のサーティフィケイトプログラムと呼ばれるものもある。 Conditional Offer(コンディショナル オファー、条件付入学)
Conditional Offer(コンディショナル オファー、条件付入学)とは、英語力以外の入学条件を満たしている学生が、提携する語学学校で規定のプログラムを受講し、一定レベルの英語力を身につけることを条件に、入学を許可するシステムである。 Child Care(チャイルド ケア)
Child Care(チャイルド ケア)とは、海外ボランティア・インターンシッププログラムの一種である。海外の保育園や幼稚園・アフタースクール(学校が終わった後、両親の仕事が終わるまでの間、子供達を預かる機関)で地元先生の指示のもと子供達のお世話などをする内容である。
PAGE TOP