• メニュー
  • 会員ログイン
  • 語学学校検索

留学・海外留学:ホーム > 最新情報 >世界に通じる人になろう。海外研修プログラムいよいよスタート!

新着情報
 

アメリカで国際感覚を養おう。ラストリゾート新プログラム「海外研修」が登場!
ホームステイで海外生活に触れながら、滞在中はフルタイムで働くことにより、仕事現場をリアルに体験できます。あなたの価値観や視野を広げ、将来に役立てよう!

企業研修プログラム   アシスタント教師プログラム   福祉介護施設ボランティア
 
企業研修プログラム
アメリカのホームステイで海外生活を体験しながら、現地の企業で働くことのできる海外研修プログラム。このプログラムは、外国文化や外国語に対する学習意欲を高めながら、グローバルビジネスや企業活動に対する理解を深め、大きな刺激を受けていきます。将来の進路や企業選択に備え、自らの視野を広げるキッカケ提供を目的としています。
英語力がなくても、語学学校に通わなくても、アメリカで働く体験「企業研修」が出来るというのがこのプログラムの最大の特徴です。最短2週間からどなたでも気軽にご参加いただけるプログラムです。 国際感覚を養いたい方、長期休暇や転職の合間を使って何か新しいことを体験したい方々にとっては、 このプログラムで受けた刺激や経験は、自分の将来や就職を切り開くスパイスとなるでしょう!
このプログラムの特徴!

その1:
研修期間を2週間~3ヶ月で設定可能。 年齢・英語力が不問。

 
その2:
L.A.サウスベイ地区に進出する日系企業中心の約70社が研修先!
 
その3:
研修効果を高める社会人基礎アンケートを実施


 
その4:
滞在中はフルタイムで研修に参加できるから海外研修に集中できる!
企業研修体験談
英語を使った実務の難しさを痛感。
色々な考え方に触れ、視野が広がりました!

将来は、海外との接点がある仕事がしたいと思いこのプログラムに参加しました。研修先は磁器製品をはじめ色々なものを取り扱う日系商社です。仕事内容はマーケットリサーチやレター作成など。英語依頼文も作成しましたが、専門用語も多く、改めて、英語力不足を感じました。もともと落ち込みやすい性格の私ですが、このプログラムで会社の仲間たちやホストファミリーと過ごしているうちに、「落ち込む暇があったら努力しよう」と考えるようになりました。日本を出てさまざまな国の人の考え方に触れることで、視野が広がるのを感じました。自分の長所と短所を再確認でき、次のステップに進む足掛かりになりました。
研修先:日本マグネティクス
  体験談北原玲伊子さん
北原 玲伊子さん
<参加期間:2週間>
プログラム募集要項
研修先
ロサンゼルスのサウスベイ地区にある日系企業中心に約70社
参加条件
年齢・英語力不問
参加期間
2週間~3ヶ月
滞在方法
ホームステイ
業務内容
英語力と能力により異なりますが、電話対応や社員に同行して取引先企業の訪問など。
必要英語力
受入れ先によって異なります。
受入業界
旅行・ファッション・ホテル・ブライダル・メディア・広告・製造・建築・教育・NPO団体など。
参加費用
298,000円(2週間)~
資料請求 カウンセリング
アシスタント教師プログラム
子供たちと交流したい、一緒に遊びたい、という方におすすめのプログラムです。公立の小学校低学年クラスや幼稚園クラス、YMCA主催のスクールで、アシスタント教師として授業に参加して、英語で子供たちに授業を教えたり、一緒に遊んだりします。異なる文化や生活習慣が混在する移民国家アメリカの教育現場で「接し方」や「メソッド」に触れ、国際人育成の現場を肌で感じ、体験できます。
アメリカの教育方針や、子供達の指導方法など、生の教育現場に触れることが出来るプログラムです。このプログラムを通して接する子供達は、語学力が無くても一緒に遊ぶことさえできれば、コミュニケーションが可能な公立小学校や幼稚園、YMCAの児童達なので、高度な語学力が不問だということもポイントです。将来、教育現場で働こうと考えている学生さんや現役の保母さんや先生方には、ぜひ参加して頂きたいプログラムです。
このプログラムの特徴!

その1:
研修期間を2週間~3ヶ月。あなたの目的に合わせられる。

 
その2:
市の教育委員会を介し、公立の小学校や幼稚園が研修先。
 
その3:
実践的な児童英語教育の現場を体験できるチャンス!

 
その4:
座学では得られない、生きた幼児英会話教育を体験できる。
アシスタント教師体験談
自由にSpeak outすることが英語上達の秘訣
『教師』の仕事を長く続けていくきっかけを発見!

大学卒業後、あまり確信がないまま地元の公立中学校で英語の契約常勤講師へ。「自分は教師という仕事を一生続けられるか・・・」という疑問ばかりの毎日でした。その後、退職し自分の進路に悩んだ末もう一度教師を目指そうと決意しました。そのときこのプログラムを見つけ参加しました。アメリカの教育現場を見て、改めて大切だと感じたのは”Independent”の精神。私は子供達にもっとSpeak outさせたいと思いました。このプログラムは自立心を持つ子供の教育のあり方、保護者との関わり方、先生同士のコミュニティなど、アメリカの教育現場を体験できる絶好の機会となりました。
研修先:Victor Elementary School 1年生担当
  体験談松本恵理子さん
松本 恵理子さん
<参加期間:3週間>
プログラム募集要項
研修先
Aコース:ロサンゼルスのトーランス市周辺の公立小学校・幼稚園
Bコース:YMCA主催のサマー&ウィンタースクール
※AコースとBコースの2種類からお選びいただけます。
参加条件
年齢18歳以上で、子供たちと交流したい、一緒に遊びたいという気持ちをお持ちの方。
※結核診断書が必要になります。
参加期間
2週間~3ヶ月
滞在方法
ホームステイ
業務内容
公立小学校などの、英語を中心とした幼児教育の現場で補助教員業務を担当。
必要英語力
日常会話レベルの英語力
研修期間
平日(月~金)午前8時~午後3時ごろまで。基本的にアメリカの祝祭日は休業となりますが、研修する学校により異なります。
参加費用
298,000円(2週間)~
資料請求 カウンセリング
福祉介護施設ボランティア
ロサンゼルス近郊の日系敬老施設のボランティアに参加し、実践的な介護知識や技術を習得しながら、日米両国の福祉・介護に対する考え方や社会制度の違いなども学べます。日系敬老施設にはアメリカの地で苦労しながら生活基盤を築いてきた日系一世や二世の方々がたくさんいます。その方たちとの交流で、経験談などを直接聞け、日本では学べないアメリカ日系社会の歴史や文化なども実感できるプログラムです。
日本でも社会問題化されている少子高齢化や、介護などの福祉関連分野で働きたいと思う方々に、就職前のお試しとしてお勧めです。アメリカの医療福祉の手法を学んだり、福祉活動を経験したりできるので、帰国後や将来のスキルアップにも役に立つと考えています。ボランティア活動は、旅行や留学とは一味違う、貴重な経験となります。アメリカの日系介護施設で暮らす日系一世、二世の方々との触れ合いは有意義なものになるでしょう。
このプログラムの特徴!

その1:
研修期間は2週間~3ヶ月。あなたの目的に合わせられる。

 
その2:
実践的な介護知識を学び、日米の医療福祉の違いがわかる。
 
その3:
アメリカ日系社会の文化や歴史を体感できる。


 
その4:
300名以上が参加するボランティアで、多角的な視点を学ぶ。
福祉介護施設ボランティア体験談
日本で未定着の「病院ボランティア」を知りたい!
日米両国の意識・社会制度の違いを発見の連続!

私は社会人を経験した後に、看護大学に再入学し、1年生ではフィジーでホームステイをし、現地の病院を見学しました。次は先進国の現場を見てみたいと思うようになり、今回このプログラムに参加しました。私の研修先の日系介護施設では、レクリエーションも毎日計画され、バリエーションも日本よりも豊富で、ビックリしました。また、入居者の多くは日系二世で、戦争時代を乗り越えた方々でしたので、90才が語る日系人収容所の話には重みを感じました。こうした海外研修は、今しかできない。ぜひテーマを持って参加すると良いと思います。
研修先:敬老ナーシングホーム
  体験談陶山 麻由美さん
陶山 麻由美さん
<参加期間:5週間>
プログラム募集要項
研修先
ロサンゼルスのサウスベイ敬老ナーシングホームなどの介護福祉施設。
参加条件
特になし
参加期間
2週間~3ヶ月
滞在方法
ホームステイ
業務内容
アクティビティの実践、図書館運営、余暇活動、オフィス事務など正規教員を補助しながら参加など。
必要英語力
日常会話レベルの英語力。
参加費用
298,000円(2週間)~
資料請求 カウンセリング
 
この特集は2009年4月10日時点の情報になります。最新情報についてはお問合せください。
PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

海外生活を始めるための第一歩

もっと多くの方にワーキングホリデーのこと、留学のこと、海外のことなどを 知っていただきたい!という思いから、ラストリゾートでは全国各地でセミナーを開催しております。

セミナー情報はこちら

Copyright © Last Resort Corporation