Last Resort
 
 

「ユース・エクスチェンジ・スキーム」は、日英の若者に対し、休暇としての長期滞在により、互いの国の文化、国民、社会、生活などに関する理解を深める機会を提供するもので、日英それぞれの参加者数は年間400人です。 日本の場合、対象となるのは18歳から25歳まで(1979年4月2日から1987年2月27日までの生まれ)の方で、英国に最長1年間滞在することができます。滞在期間中、旅費を補う目的で、休暇に付随する仕事に従事することが可能ですが、いかなる就労も、休暇目的の滞在に付随したものでなければなりません。

日本人参加者は全員、英国出発前に、駐日英国大使館発行の入国許可証を旅券に所持している必要があります。入国許可証がない場合、「ユース・エクスチェンジ・スキーム」の制度の下に英国に入国することはできません。 (* 英国政府当局が認める場合に限って30歳まで許可されることがあります。)


まずは資料請求から  
日本国籍で、2005年2月11日から2005年4月1日までの期間、日本に在住している事。

入国許可が有効となる当日から最長1年間、休暇を主な目的としてイギリスに滞在する予定であること。
申請時に、年齢が18歳から25歳(1979年4月2日から1987年2月27日迄の生まれ)である事。 ただし、例外で30歳(誕生日が1974年4月2日から1979年4月1日までの方)まで申請可能です。
子供を連れて渡航しない事。配偶者については「2005年ユース・エクスチェンジ・スキーム」の参加者 として入国許可を持っていない限り、同伴して渡英することはできません。ただし、配偶者もこの申請 条件を満たしている場合は、二人で申請することはできますが、二人のいずれか、あるいは両方が選ばれる保証はありません。
有効なパスポートと帰国用航空券、又はそれが購入できるだけの十分な自己資金を持っていること。航空券は自己資金で購入したものを持っている事が条件です。
イギリス滞在中、公的な資金・福祉制度に頼らずに自分の生活・宿泊費用をまかなえる事。
イギリス滞在終了時にイギリスを出国すること。
以前、「ユース・エクスチェンジ・スキーム」で渡英した経験が無いこと。
まずは資料請求から
イギリスのエクスチェンジスキームその他ワーキングホリデー等、海外留学にご興味のある方は、お問い合わせ、または資料をご請求下さい。詳しい資料をお送りいたします。

まずは資料請求から

フリーコール: 0120-999-555

このページの上部へ