今、決める海外生活。Last Resort

よくある質問

語学留学について

学生ビザが必要になるのはどんな条件の時ですか?

国ごとの申請条件により要/不要が決まっています。
「学生ビザ」とは、学習目的で(一定の期間以上)海外に滞在する際に必要な滞在許可証のこと。「滞在期間」と「レッスン時間」により、各国ごとに学生ビザの要/不要が決められています。また手続きに必要な期間も各国によりさまざま。あなたが行きたい国の申請条件を以下の表で確認し、学生ビザが必要であれば留学の準備はできる限り早く進めるようにしましょう。

国別・学生ビザの申請条件

アメリカ

■90日未満の滞在・週18時間以上受講/■90日以上の滞在・週18時間以上受講

カナダ

■6ヶ月以上の滞在・授業時間制限なし

イギリス

■6ヶ月以上の滞在・週15時間以上受講

オーストラリア

■3ヶ月以上の滞在・週25時間以上受講

ニュージーランド

■12週間以上の滞在・週20時間以上受講

中国

■半年以上1年以内の滞在・授業時間制限など

韓国

■正規留学する場合

フランス

■3ヶ月以上の滞在・週20時間以上受講

イタリア

■3ヶ月以上の滞在・月間40時間以上の授業出席が必要

スペイン

■3ヶ月以上の滞在・授業時間制限なし

▲一番上に戻る

「大規模な語学学校」「小規模な語学学校」どちらを選べばいいですか?

それぞれに、メリットとデメリットがあります。
学校選びを上手に進めるポイントとして、大規模な学校と小規模な学校の特徴を知っておくことは大切です。まずは両方の特徴を大きくつかみ、その上で具体的な候補になる学校の資料を閲覧。自分の希望や目的に合ったものかどうかを判断してください。

大規模の学校

【メリット】
  • キャンパス内の施設・設備や教育機材が充実している。
  • カリキュラムが充実し、大学や専門学校とのコネクションが強い学校もある。
  • 滞在先を紹介している場合、その選択肢が豊富。
  • 国内に姉妹校がある場合、簡単な手続きで編入できることがある。
【デメリット】
  • 授業料が割高。

小規模の学校

【メリット】
  • 先生が生徒全員の個性や英語レベルを把握し、きめ細やかな対応が可能。
  • 生活相談、ホームステイ先やアパートの紹介などにも親切に対応してもらえる。
  • 英語のレッスンが初めてという方には、なじみやすい雰囲気がある。
【デメリット】
  • カリキュラムが限定され、進学などにつながるコネクションは期待しにくい。

▲一番上に戻る

日本人の少ない学校はどうやって見つければよいですか?

学生の国籍が偏らないよう国籍配分をしている学校があります。 ただし、日本人の多い学校のメリットも知っておきましょう!
せっかくの海外留学だから「日本人の多い学校は避けたい」「海外のムードを思う存分味わいたい」。これは多くの人が望む考えです。その期待に応えてくれるのが校内の1カ国の学生の国籍配分を調整している学校。日本人の少ない学校で集中して勉強したい人には学校選定の大きな基準になります。ただし「快適に英語を学ぶ」という本来の目的で考えると、日本人の多い学校にもメリットがあります。ぜひ参考にしてください。

日本人の多い語学学校のメリット

  • 消極的になりがちな日本人の性格がよく理解されていて、授業が工夫されている学校がある。
  • 日本人の英語発音の弱点(LとRの違いなど)を重点的にレッスンしてくれる学校がある。
  • 校内のEnglish 0nlyが徹底。遅刻/欠席に厳しいなど、しっかりと勉強できる環境を整えている学校も多い。
  • 慣れない海外生活で、日本人の知り合いは頼りになることも多い。

※日本人の少ない学校でも、英語レベルによっては日本人の多いクラスに配属されやすいため、その点も注意が必要です。

▲一番上に戻る

信頼できる学校だと判断できる基準はありますか?

世界の語学学校を審査する「独立認定機関」の認定は信頼できます。
語学学校を厳しい基準で定期的に審査している「独立認定機関」が各国に多く存在しています。これらの認定機関によって推奨される語学学校はやはり信頼できます。

各国の主な独立認定期間

アメリカ
■AAIEP

全米集中英語講座連盟。大学付属の英語コースや私立の語学学校など300校が加盟し、教育の質、サービスにおいての一定水準が保たれている。

※ほかにもACCET もあります。

カナダ
■CAPLAS

カナダ私立語学学校協会。世界中の学生にとってカナダが魅力的な留学先となるよう、政府と協力して教育水準・サービスの向上に努めている。

イギリス
■British Council

イギリスの公的な国際文化交流機関。3年ごとに英語学校を厳しく審査し、一定水準に達する学校のみを認定校としている。

※ほかにもEnglish UK 、EAQUALSなどもあります。

オーストラリア
■NEAS

英語教育の水準向上に努める教育団体。政府機関との協議も活かしながら、高水準の英語教育を維持するための活動を展開している。

※ほかにもEA(English Australia)もあります。

ニュージーランド
■NZQA

ニュージーランドの国家資格を担当する政府機関。教育関係機関、民間団体とも協力し、英語教育の水準向上を目的とした資格認定に務めている。

アイルランド
■MEI-RELSA

アイルランドの語学学校によって構成される教育団体。加盟校は一定の教育水準と留学生の受け入れ体制を保つことが課せられている。

▲一番上に戻る

就職に役立つ英語検定の種類と特徴は?

以下の4つが代表的な英語検定です。
日本の企業、海外の企業が、就職などの選定基準として用いる代表的な英語検定をご紹介します。ほかにも、実用英語技能検定(英検)、商業英語検定、国連検定、通訳技能検定などがあり、自分の能力やキャリアアップに必要なものを見定めて受験しておくと、就職の際に英語力をアピールするのに役立ちます。

役立つ各種検定資格

TOEFL

主にアメリカ/カナダの大学や大学院へ留学する際に必要な英語能力判定試験。このテストによるスコアは、現地での就職の際にも大いに活用できます。アメリカのETS(英語を母国語としない人々の英語能力を判定する組織)が実施する世界規模のテストで、日本でも受験可能。PBT(ペーパー試験)とCBT(コンピューター試験)とがあり、現在はCBTが主流となっています。

TOEIC

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を診断するテスト。TOEFLと同じくアメリカのETSが実施し、日本でも年に8回のテストが行われています。ビジネス英語の能力を示すものとして日本企業にも広く浸透。テストの結果は、就職の際の大きなアピールポイントになります。

IELTS

IETLSは、イギリス/オーストラリアでの大学進学や、就職に欠かせない英語能力の資格試験。大学進学のための「ACADEMIC」と、就職のための「GENERAL TRAINING」の二つに分けた試験が実施されています。

Cambridge

140年以上もの歴史を持つ、ケンブリッジ大学試験機構の英語検定。英語能力をバランス良く診断するテスト内容が特徴です。イギリスをはじめヨーロッパ各国では特に知名度が高く、そのテスト結果は英語能力の指標として大きな信頼を得ています。

各英語検定スコア一覧表

PCページへ

▲一番上に戻る

  1. 無料資料請求
  2. カウンセリング予約
0120-999-555
フリーコール 日曜・祝日もオープン
【営業時間】11:00~20:00
  1. 国内オフィス案内
  2. 海外オフィス案内
コンテンツ一覧