フィジーに語学留学。無料の留学エージェント「ラストリゾート」にお任せ!

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料資料請求
  • 語学学校検索
  • 学校特割

フィジーに語学留学。

笑顔あふれる幸福の楽園は、国全体が学びの場。

親日的で底抜けに明るく、本当に人懐っこいフィジアンたち。
学校だけでなく、国全体が英語の先生です。

世界一フレンドリーな

国民が住む

常夏の国で語学留学。

世界一フレンドリーな国民が住む常夏の国

フィジー共和国は、オーストラリアの東、ニュージーランドの北に位置する南太平洋の楽園です。もともとイギリス領だったため、英語も公用語として使われています。フィジーは世界幸福度ランキングで何度も1位を獲得するなど「世界一幸せな国民」としても注目を集めています。また欧米に比べて物価が約1/3程度なので、留学費用を抑えてしっかり勉強できます。英語初心者向けの学校が多いのが特徴です。

フィジーの主な都市

ナンディ-Nadi-

フィジーに訪れる海外からの旅行者が必ず立ち寄るのが国際空港のあるナンディです。フィジー第三の街として栄え、旅行者向けのお土産物屋や、ショッピングモールなどの施設のほか、ホテルやレストランなどの施設も整っています。

ラウトカ-Lautoka-

フィジー第二の街ラウトカは、規模的にはナンディよりも大きいです。サトウキビの精製が盛んで、地元の漁師たちの漁港として栄えています。

Fiji

 

フィジーで英語を学ぶ3つの魅力

旧英国領の楽園フィジーは、美しい海、手付かずの自然、心優しい人々が待つ国。
人種、国籍、英語のレベルに関係なく、生活している地元の人々とあらゆる場所で英語が話せる環境です。

国全体が学びの場。

01:フレンドリーな国民性で英語力を伸ばしやすい

フィジー人は皆とても優しく、人懐っこく、陽気でフレンドリー。

その性格はフィジアンホスピタリティーとして広く知られ、シャイな日本人でも、心を開いて会話を楽しむことができます。
学校だけではなく、国全体が英語の先生です。

少し勇気を出して、話しかけてみてください。街中で、見知らぬ人と気軽に会話をスタートさせることが当たり前の環境で、英語を話している自分に気づいたとき、フィジーに留学した理由がきっとわかるはずです。

02:留学費用が安い

フィジーの物価は日本や先進国に比べると非常に安価です。
その為、過ごし方にもよりますが、1ヶ月約2~3万円で生活することができます。

また授業料やホームステイに払う費用も他国に比べると安価な為、同じ費用でも先進国の1.5倍~2倍の期間長く滞在し、勉強することが可能です。

基本的な日常会話を身につけるまではフィジーで勉強し、専門分野の勉強やワーキングホリデーなどは近隣のオーストラリア・ニュージーランドへ渡航するという留学スタイルが近年人気を集めています。

03:娯楽が無いため学習に集中できる

フィジーは世界有数のリゾート地として知られていますが、人々が暮らす町には娯楽は皆無です。
そのため、フィジー人は「人との会話を楽しむ」生活をしています。子供の頃にタイムスリップしたように、放課後・休日は日が暮れるまで、たくさんの人と接して、英語でコミュニケーションを取ってください。

パソコンやスマートフォンから離れ、人との会話を楽しむ。そんな環境がフィジーには残っています。英語習得の一番の近道は、実践で多くの英語を使うことです。

各国留学費用一覧

  1ヶ月間 3ヶ月間 6ヶ月間 12ヶ月間
アイルランド 24~30万円 68~80万円 120~150万円 215~270万円
イギリス 28~35万円 80~95万円 140~175万円 250~315万円
オーストラリア 22~28万円 60~75万円 110~140万円 198~250万円
ニュージーランド 22~25万円 60~70万円 110~130万円 198~230万円
フィジー 9~15万円 23~37万円 52~77万円 95~143万円
カナダ 18~27万円 54~70万円 100~135万円 180~240万円
アメリカ 18~30万円 55~85万円 100~170万円 180~270万円
ハワイ 23~27万円 57~60万円 120~135万円 200~240万円

費用や特徴の比較

アメリカ

世界をリードする経済の中心地。
多くの民族が暮らす多民族国家は、刺激に満ちていて様々な文化を体験できる。

1人あたりのGDP
$47,100
治安(犯罪率)
4.16%
幸福度指数
39位/59ヵ国
フィジー

世界有数のリゾート地で、フレンドリーなフィジー人に囲まれ、南国特有のスローライフを満喫できる。

1人あたりのGDP
$3,600
治安(犯罪率)
1.74%
幸福度指数
1位/59ヵ国

アクティビティについて

フィジーは手つかずの自然、碧い海と白い砂浜がすばらしい国です。点在する島々には、ハイビスカスやブーゲンビリアといった熱帯植物が生い茂っています。親日的で底抜けに明るく、本当に人懐っこいフィジー人の性格はフィジアンホスピタリティーとして広く知られ、リピーターの多いリゾート地としてとても人気の高い国です。

フィジー
離島クルーズ

本島から船で30分~1時間ほど行くと、珊瑚の美しい海が広がっており、小さな離島が点在しています。離島では、たいてい宿泊することができ、ダイビング、やパラセイリングなど、さまざまなアクティビティが楽しめます。

ダイビング
シュノーケリング

手つかずで透明度が高く美しいフィジーの海は世界のダイバーたちから人気です。ナンディ近隣のビチレブ島をはじめ、レインボーリーフで有名なタベウニ島など、他にも個性あふれるダイビングスポットを楽しむことができます。

FEEJEE
Experience

「FEEJEE Experience」とは、数日間かけてフィジーを回るツアーです。半周、一周、バヌアレブ島に飛ぶなどのプランがあり、現地の村を回ったり、海に行ったり、世界各国からの旅行者と一緒にさまざまな体験ができます。

その他のアクティビティ

  • フィジー温泉巡り
  • 乗馬
  • ゴルフ
  • サーフィン・ボディーボード
  • ジェットスキー
  • ビレッジ訪問
  • ボランティア
  • バックパッカー
  • 泥温泉
  • スカイダイビング

滞在先について

家族の温かみある「ホームステイ」、自分のペースで生活する「ドミトリーステイ」の2つの滞在方法があります。あなたの希望に合わせてお選びください。

ホームステイ

ホームステイとは、フィジーの一般家庭で生活することです。主にフィジー系、インド系の家庭があります。食事はホームステイから提供されます(平日2食、土日3食)。コーディネーターがホームステイ先を訪問し、現地のスタッフが家の設備や家族の受け入れ態勢をチェックしています。

ドミトリー(学生寮)ステイ

ドミトリー(フラット)ステイは留学生同士で共同生活するスタイル。1人部屋もあり、食事は自炊です。学校と同じ敷地内にドミトリーがある場合もあり、通学に便利です。同じ志を持った留学生同士が寝食を共にし、時間を共有する生活は、学生同士の連帯感・つながりを強めます。

あなたはどちらのタイプ?

ホームステイ

食事:提供あり
(平日2食・土日3食付)

こんな方に
オススメ
家庭の中で積極的に日常会話を学びたい方
ドミトリーステイ

食事:提供なし(自炊)

こんな方に
オススメ
自分のペースで
生活したい方

おすすめ校ピックアップ

  • フリー・バード・インスティテュート
  • カラーズ・フィジー・イングリッシュ・スクール

フリー・バード・インスティテュート
ナンディキャンパス/ラウトカキャンパス

Free Bird Institute Nadi Campus / Lautoka Campus

キャンパス

隣接する現地小学校との交流も魅力!

  • 校内にドミトリーがあり、通学に便利
  • TOEIC対策コースなど豊富な選択授業
  • Speaking力強化を重視したカリキュラム

ナンディ校は地元の小学校、幼稚園が同じ敷地内にあり、学食もあります。 学校からバス停までは徒歩2分、 ナンディタウンにはバスで10分という距離。短期から中期の学生が多く、放課後や休日はナンディタウンに出かけてのショッピングや、地元のマーケットを散策してみるのもよいでしょう。

ラウトカ校は地元の小学校が同じ敷地内にあり、学食はありませんが授業のある日はお弁当販売の方が来ます。学校からバス停までは徒歩10分、 ラウトカのタウンにはバスで8分という距離。中~長期の学生が多く、放課後や休日は地元の方々とスポーツを楽しんだり、教会に出かけたりと異文化交流を積極的に楽しまれている方が多いです。両行とも学校内はイングリッシュオンリーが徹底されています。徹底的にSpeaking力強化に重視したカリキュラムを組んでおり、週に2回、Intensive Speakingの授業を設け、より多く英語を話す環境を作っています。

学校スタッフからのコメント

スタッフ

Free Bird Instituteは、フィジーで唯一フィジーの教育省から推薦・認定をもらった語学学校です。Free Bird Instituteの教師陣もフィジー国内の教育機関で研修・経験を積んだ有資格者です。
フィジーでは英語が普通に話されていますので、みなさんが話しかければ、みんな英語で話し返してきます。
壮大な山々、青く透き通った海などに囲まれた豊かな自然の中で、底抜けに明るく、人懐っこいフィジー人との交流を通して英語に触れることができます。
コミュニケーションから本当の英語を身に付けられる、これがFree Bird Institute最大の魅力です。

カラーズ・フィジー・イングリッシュ・スクール
ナンディキャンパス

COLORS FIJI English School (Nadi Campus)

キャンパス

ビギナーが主役。新感覚の英語学校!

  • フィジーの語学学校で唯一の
    マンツーマン・レッスン!
  • 「海外就職コース」で新しいキャリア構築!
  • 世界幸福度ランキング1位のフィジーで
    「シアワセ」も学ぶ!

カラーズは「中学・高校で英語を勉強したことがあるくらいで、それ以外はほとんど勉強したことがない」というビギナーのための英語学校です。英語の学習方法からモチベーション管理まで、幅広くサポート。留学前からもフライング的にアプリで学習を開始することが可能!留学を終えた多くの学生たちが「留学前にもっと勉強しておけばよかった」と後悔しますが、カラーズではそれを未然に防止します。留学中、「コア・ティーチャー制度」により、各学生には担任が付き、毎日、マンツーマンで学習状況を確認。また、マンツーマン・レッスン以外も、少人数制のクラス構成なのでスピーキングの機会が豊富です。しかも学校敷地内はEOP(English Only Policy)空間なので常時、英語脳をキープできます。留学後、海外でキャリアを積みたければ、海外就職コースでの学びをもとに、提携エージェントから海外就職先をご紹介。

留学中だけでなく、留学前後にも効果を発揮する仕組みを持っています。

学校スタッフからのコメント

スタッフ

フィジー人は世界でも最高レベルでフレンドリーな国民のため、街や公園などでも「ブラッ!(こんにちは)」と話しかけてくれます。英語初心者であっても、ゆっくりと、分かりやすい単語で話してくれますし、こちらの話もやさしく、じっくりと聞いてくれますので、スピーキングの機会は学校内外で溢れています。
また、フィジーは世界幸福度ランキング1位の国。英語を学ぶだけでなく、個々人に異なる「幸せのカタチ」を考えるキッカケになる場所です。幸福先進国フィジーで、留学仲間や教師、スタッフたちと共にじっくりと「人生」について語り合ってみてください。留学後には新しい価値観がインストールされていることでしょう。

Copyright c Last Resort Corporation