オーストラリア・ワーキングホリデーの体験談 | 永井香織さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン
体験談で探す

海外で出会うすべての人が、今の自分をつくってくれた。楽しいことも辛いことも、全部が成長と経験として自分に返ってきます!

オーストラリア 永井 香織さん NAGAI KAORI
ワーキングホリデー/オーストラリア(ゴールドコースト)
渡航期間:12ヶ月
大好きなサーフィンをきっかけに飛び込んだ初の1人海外生活。学校、シェアハウス、ボランティア、ラウンド、ファーム生活など、たくさんのことにチャレンジした永井さんにインタビュー!
プロフィール写真
渡航前のお仕事は? 看護師。 救急・眼科病棟で働いていました。
出発前の英語力と勉強方法は? 挨拶程度。特に勉強もしていませんでした。
渡航された国、都市を選んだ理由は? サーファーズパラダイスという名前と、観光本のビーチの写真に惹かれてゴールドコーストに決めました。
出発前に不安だったことは? 英語。本当にまったくできなかったので不安で仕方なかったです。行ってみて、無理だと感じたらすぐに帰国しようと思っていました。

公開!永井さんの海外生活!

海外生活写真

■渡航のきっかけ、目的は?
サーフィンを始めた時に、サーフショップのオーナーにワーホリでAUSに行ってきなよ~と言われたのがきっかけです。それまでワーホリのことを知らなかったし、海外にもまったく興味がなかったけど、行かないといつか後悔しそうな気がして渡航を決めました。

■アルバイトについて教えて下さい。
ジャパニーズレストランで働いていました。求人や口コミで気になっていたお店で、たまたまそのお店でバイトをしていた人と友達になり、その子の紹介で面接を受けに行きました。看護師としてしか働いたことがなかったので、最初は分からないことばかりだし、テキパキできない自分にイライラして落ち込むこともたくさんありました。お客さんは外国人の方がほとんどだったので、英語が必要だし、最初は辞めたいとばかり思っていました。接客に必要な英語を覚えて、あとは笑顔でカバーしていました。上手く英語で説明できなかった時、「英語が上手く話せなくて・・・」と謝ったら、「そんなことないよ」と言ってくれる優しいお客さんや、名前を覚えてくれているお客さんがいたときは本当に嬉しかったです。

■現地での生活で一番楽しかったことはなんですか?
ファーム生活です。仕事は大変だけど、たくさんの親切な人、自然に囲まれての毎日はすごく楽しいし、充実していると感じました。他では経験できないようなことをたくさん経験させてもらえているし(ザリガニ釣り、ボート、川遊び、庭にフルーツの木があって、好きな時に収穫したり、手作りビールをいつももらえたり・・・) 、シェアメイトたちとご飯を作ったり、一緒にお出かけして過ごす休日もすごく楽しいです。一緒に英語の勉強もしていますね。街にいた時もすごく楽しかったけれど、たくさんの経験の中で失敗したともあったかもしれないけれど、それを失敗と感じさせないくらい、全てが充実しています。

■落ち込んだことや海外生活を通して大変だったことはありますか?また、その解決方法を教えてください。
最初のホームステイ中は、言いたいことが伝わらないし、言われていることもまったく分からなくて大変でした。洗濯や掃除をするのも、まず使い方を聞くことから始めないといけないので、何をするにも時間がかかりました。ホームステイへ帰る時に道に迷ってしまい、電話をする勇気もなく、1時間ひたすら歩いた時は泣きそうでした。近くを通った人に住所が書かれている紙を見せて、送ってもらいました。1人旅でだいぶ成長できたと思います。頼る人がいないので、どうやっても伝えないと!という気持ちで、頑張って英語を使いました。

海外生活で得たものは?

トピック写真
学校、シェアハウス、ボランティア、ラウンド、ファーム、どれを始めるのも最初は本当に不安でした。私の英語力じゃ無理だろうなと諦めそうになることもたくさんありました。でもその不安に負けずに諦めなかったから、すごく充実したワーホリ生活を送れていると思います。だから、これからも何事にも積極的にチャレンジしていきたいと思います。

帰国後の予定

帰国後は以前働いていた病院へ戻る予定です。オーストラリアで知り合った友達と、アジア・ヨーロッパの旅を計画中です。旅行ではなく、ワーホリ経験者だからできる旅をしよう!と話しています。オーストラリアで友達になった人たちに会いに、日本各地にも行きたいですね。
最後にメッセージ!
この数ヶ月間でたくさんの人たちと出会い、別れ、そういった経験から人とのつながりがすごく大切だと実感しています。充実したワーホリ生活を送れるかどうかも、それで決まると思います。最初は何事も不安だと思うけれど、それを越えれば必ず何かを得られると思います。どんな時も笑顔でいれば、言葉の壁など関係なく、たくさんの良い出会いがありますよ。

資料請求

ワーキングホリデープログラム

PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation