オーストラリア・ワーキングホリデーの体験談 | 栗栖寿未さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン

仕事に区切りのついた今、輝く自分を目指して出発!挑戦の積み重ねが、大切な人たちとの出会いへと導いてくれました。

栗栖 寿未さんの体験談

story of one's experiences

栗栖 寿未さん KURISU HISAMI
オーストラリア ワーキングホリデー/オーストラリア(シドニー)
渡航期間:10ヶ月
大好きなオーストラリアに、ワーキングホリデーで滞在。栗栖さんはどんなシドニーライフを送ったのでしょうか?
プロフィール写真
渡航前のお仕事は? 看護師として病院で働いていました。
出発前の英語力と今の英語力は? 出発前の英語力は挨拶程度。通学・帰宅中の時間を利用してラジオを聴いたり、一日に単語を5個覚えるようにしていました。あとは、教会の英語レッスンも利用していました。
渡航のきっかけは? もともと英語が好きだったので、仕事に区切りがついた今がチャンスだと思いました。また、様々なことを経験して、自分自身の視野を広げたかったことも理由のひとつです。
オーストラリアを選んだ理由は? 以前、旅行で訪れたオーストラリアの印象が良かったので。シドニーにはビーチがたくさんあるので、マリンスポーツや海が好きな方にももちろんオススメですが、街にはパブもたくさんあるので、飲んだり皆でワイワイするのが好きな方にも楽しめるところです。

栗栖さんの海外生活を大公開!

海外生活写真

アイコン 驚きの現地習慣や、生活のギャップを感じた部分などはありましたか?
お店の閉店時間が早いこと。土日は営業していないところもあります。「頑張る!」という精神力よりも、生活を楽しむという気持ちが強いような印象です。

アイコン ホームステイ・アパートシェアについて教えてください!
両親と子供2人の家庭にホームステイしました。部屋の清掃や洗濯など、自分の身の回りのことは自分でしていました。不便だったのは、シャワーを使う時間が決まっていたので早めに入る必要があったことです。その後は、ホストファミリーに現在のアパートを紹介してもらい、そのアパートの大家さんとシェアしています。
共同のものを使うときは相手に都合を尋ねる必要はありましたが、共同購入により出費を減らすこともでき、情報共有の面でも良い環境です。

アイコン アルバイトについて教えてください。
バナナ、マンゴー、ブドウ、南瓜など、ファームでの季節労働を中心にアルバイトをしています。政府のサイトや冊子を参考に、適当な地域に移動し、基本的には現地のアコモデーションからの紹介に頼っていました。職探しに苦労したことは特にありません。タイミングが全てだと思います。アルバイトを通じて感じたことは、体調管理の大切さ。向き不向きもあるので、仕事を選ぶ重要さを思い知りました。人種や国籍に関係なく、仕事を通して得る信頼や友情、それに基づく人間関係は、何にも代えられないものだと思います。

アイコン 語学学校について教えてください!
学校名:Universal English College
通学期間:08年4月21日~08年8月15日(17週間)
テキストに基づいて「読み・書き・リスニング・スピーキング」の学習をしました。4週間毎に、自分の目標・授業へのリクエスト等のアンケートを実施しており、授業中に分からないことは質問すれば親切に説明して頂きました。図書館の雰囲気が良く、PCの台数も確保されていたのがオススメのポイントです。 4週間毎にプレゼンテーションの課題が出て、準備は大変だったのですが、良い経験にもなったし、他の国の方と情報共有ができて良かったです。

アイコン1年間のスケジュール

年・月 学校等 旅行・その他 滞在方法
2008年4月 語学学校   ホームステイ
5月  
6月   アパートシェア
7月  
8月  
9月    
10月    
11月    
12月
 
  短期旅行  

アイコン 海外生活で得たものは?

トピック写真
英語を勉強するということを通じて、他国の文化・習慣・価値観に触れることができました。目の前の物事に取り組む時にも、考える以上に自分の今後の将来を意識するようになりました。
アルバイトをしない分、その時間を活用するために、教会で英語力を身につけようとしました。結果、英語力だけでなく、教会で出会った友達がきっかけになって、新たな人脈を獲得することができました。そうした人との出会いから、様々な価値観や考え方を知ることができたことも大きな成果のひとつです。
アイコンメッセージ
シドニーに来る前は、新しい経験への期待よりも不安の方が大きかったけれど、帰国した自分が今よりももっと輝いていることを信じて渡豪を決意しました。私の場合は生活に慣れるまでに時間がかかったけれど、その分、周りの方が助けてくださったことに感謝しています。
自分にはハードルが高そうなことも、考えるだけで止めてしまうのではなく、何度か挑戦してから答えを出すように心がけました。その積み重ねが大切な友人・人脈を作り出し、現在の私の糧になっています。
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation