ニュージーランド・ワーキングホリデーの体験談 | 神保亜紀子さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン
体験談で探す

頑張った自分へのごほうびは、転職前のひと休み。 ニュージーランドでスローライフを満喫!

ニュージーランド 神保 亜紀子さん JINBO AKIKO
ワーキングホリデー/ニュージーランド(クライストチャーチ)
渡航期間:1年間
ニュージーランドの人たちの温かさと優しさに触れて過ごした神保さん。一年でどんな変化があったのでしょうか?
プロフィール写真
日本でのお仕事は? 大学病院で医療事務をしていました。
出発前の英語力と今の英語力 出発時は、本当に中学一年生で習う程度の語学力しかありませんでしたが、現在はカフェやレストランに行っても自分で注文ができるようになり、簡単な会話であればできるようになりました。英語力上達のために、バックパッカーの際、外国人が大勢集まるリビングに行って、話す機会を増やす努力をしました。
渡航のきっかけ、目的は? 日本では、連日の残業で、疲れとストレスが溜まっていく一方でした。ちょうど5年働いていたので、そろそろ転職をしようかと考えていたのですが、ワーキングホリデーでオーストラリアにいった人と偶然知り合ったのがきっかけでした。

公開!神保さんの海外生活!

海外生活写真

■現地での生活について教えてください。
入国して間もない頃は、言いたいことが上手く伝えられず、誰も頼る人が近くに居なかったときは、どうしていいのかわからず落ち込みました。それでも話そうと努力していたら、そんなもどかしい気持ちにも慣れて、外国の方と一緒に居ても苦痛ではなくなりました。 クライストチャーチでは、一年中、子供たちがアスファルトの道を素足で歩き回っていました。そしてみんな寝るのが早い!のんびり生活したい方や、自然に触れているのが好きな人には絶対オススメです!

■ワーキングホリデー中の滞在先について教えて下さい。
最初の6週間は、2人姉妹がいる4人家族のお宅でホームステイをしていました。ファミリーは、毎日どんなことがあったのか聞いてきてくれて、英語の良い勉強になりました。現地の生活文化に触れられたのも良い経験になりました。高校生になる娘さんが、暇なときに部屋にやってきてくれたのですが、私が勉強をしたいときに何と言ってよいのかがわからず、集中できないこともありました。 その後、ワークビザを持っている日本人の女の子と、現地のゲイの男の子と、3人でアパートシェアをしました。会話の幅も広がって、料理も楽しくできました。でも週末の夜になると、いつも大音響で音楽が鳴り響いていたのは、少しうるさかったですかね・・・。

■どんなアルバイトをしましたか?
ヴィンヤード、キウイフルーツの梱包、チェリーのピッキングなどをしました。ヴィンヤードでの「ワイヤーリフティング」という仕事は一番きつかったです。腕の力をめいっぱい使って、自分より背の高いワイヤーを引っ張って別の場所にかけるのですが、よく地元のワーカーや近くに居る男の子に助けてもらっていました。 働くときはパッと働いて、休むときはしっかり休むのがニュージースタイル!

1ヵ月の生活費
収入 NZ$1200~1500
支出 NZ$700~1000
節約のポイント 本当にやりたいことに使うため、食費はとにかく自炊で節約!
現地での仕事 ・ヴィンヤード、キウイフルーツの梱包
・チェリーのピッキング
1年間のスケジュール

年・月 学校等 仕事 旅行・その他 滞在方法
2007年8月 語学学校
Kaplan Aspect
    ホームステイ
9月      
10月      
11月   パウワファームでエクスチェンジ    
12月   ブレナムでヴィンヤードワーク
チェリーピッキング
   
2008年1月        
2月     ニュージーランド一周旅行  
     
3月        
4月   ブレナムでヴィンヤードワーク    
5月   ファンガレイで
キウイフルーツパッキング
   
6月     北島旅行/
Cook Island一人旅
 
7月     ラグビー試合観戦/
スノボ/旅行等
 

海外生活で得たものは?

トピック写真
自分が困っているときには、親切に地元の人が手伝ってくれたり、助けてくれたことが印象的でした。たとえ言葉が伝わらなくても、一生懸命話そうとすると、相手もきちんと受け止めてくれるのです。そういう風に接してくれたからこそ、自分もそうできるようになってきたのだと思います。精神的にたくましく、懐が広くなったような気がします。

最後にメッセージ!

トピック写真
海外生活を通して、一番心に残ったことは、みんなが親切だったこと。ごく自然に「How are you?」や「Thank you」が挨拶代わりに使われていました。 そして、日本だと周囲に流されがちな“自分の時間”。ニュージーランドの人は時間の使い方をちゃんとわかっていて、本当のスローライフを楽しんでいることが素晴らしいと思いました。 ここで1年間生活できたおかげで、家族の大切さや、大切にする方法を学びました。心のトゲトゲが削れたような気がします。本当に良い経験になりました。

資料請求

ワーキングホリデープログラム

PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation