カナダ・ワーキングホリデーの体験談 | 山村美果さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン
体験談で探す

英語を学んだ後、医療英語を受講し資格をとりました。 カフェ&ボランティアコースを受講し、お洒落なカフェで働いていました。

カナダ 山村 美果さん YAMAMURA MIKA
ワーキングホリデー/カナダ(トロント )
渡航期間:1年間
プロフィール写真
渡航前のお仕事は?
看護師をしておりました。
英語力と勉強方法 出発前の英語力は挨拶程度で、1日1通届く英語メールマガジンに登録して覚える、文法書を1冊終わらせる、ラストリゾートの英会話に参加をしていました。今はリスニングが伸び、来たばかりの頃より、文章を頭の中で作って伝えることがスムーズになりました。
渡航のきっかけ、目的は? 子供の頃から英語に興味があったのと、いずれ海外で生活してみたいと思っていました。また、新しいことに挑戦してみたいと思ったからです。
渡航した国・都市を選んだ理由は何ですか?
カナダは勉強に最適で、くせの無い英語が学べ、治安も良いと聞き決めました。都会が好きなのでトロントを選びました。色んな食を楽しみたい方にはおすすめです。
あなたが海外生活で体験したことを教えてください。 医療英語の資格取得やカフェでのボランティアです。食事の時間や退勤を自分で決めて良く、自分から動き発信していかなければいけませんでした。

公開!山村さんの海外生活!

海外生活写真

■語学学校について教えてください。

■語学学校について教えてください。
学校名: English School of Canada Toronto Campus (ESC)  期間:28週間 
   :Royal Canadian Institute of International Studies (RCIIS) 期間:8週間 
●授業内容はいかがでしたか?
ESC : ESLコース (英語以外を母国語とする人たちのための英語)で文法、会話、発音と医療英語を学びました。
RCIIS:医療英語を学び、Customer Service+Cafe Training Program(カフェでのボランティアができるコース)を受講しました。
●授業でのエピソードを教えてください。
医療英語は看護師の時に聞いたことがある言葉がたくさんありました。授業中は発言することに抵抗があり、つまらないと感じていましたが、クラスの種類を変えたら日常で役に立つ内容で、自分にあっていて楽しかったです。

■アルバイトについて教えて下さい。

●どんなアルバイトでしたか?  日本食店を3店経験しました。
●時給は? $11
●アルバイトはどうやってみつけましたか?
友人から紹介してもらったり、カナダの総合情報サイト( e-maple )で探したりしました。
●アルバイトはどうでしたか?
カナダはチップの文化があるので、お給料にプラスされ、自分が頑張ったぶんだけ評価されると思いました。英語環境でもっと働くにはレジュメを配った後に、結果を聞きに行くことが大切だと思いました。

■滞在先について教えてください。
●滞在方法:ホームステイ(6週間) アパートシェア①(約4ヶ月)アパートシェア②(約6ヶ月)
●ホームステイはどうでしたか?
ホストマザー、ファザー、おじいさん、おばあさん、8歳の男の子と女の子との生活でした。食事がおいしくて、量を調節してくれました。カラオケやドライブに行って楽しく過ごしました。英語環境に慣れるためにはとても良いと感じました。
●アパートシェアはどうでしたか?
①:日本人4人とのシェアで、トロント情報がいろいろ聞けて良かったです。オーナーが帰ってきたので引っ越しをしました。
②:メキシコ人とのシェアでした、英語環境で良かったです。

■あなたが海外生活で体験したことを教えてください。
医療英語の資格取得やカフェでのボランティアです。食事の時間や退勤を自分で決めて良く、自分から動き発信していかなければいけませんでした。

日本から持ってきて役に立ったものは?

仕事探し、家探し、レポート、プレゼンなどに、PCがとても役立ちました。

生活習慣やギャップを感じたことはありますか?

必ず挨拶の後に“How are you?”と調子を聞くことや、お皿洗いで洗剤でこすった後に、シンクに水をためたなかに入れ、お皿をすすがない所です。

落ち込んだことや海外生活を通して大変だったことは?

家が決まらなかったり、予想以上に学費がかかってしまったこと。「働かなくてはいけない」という思いが強くて、勉強に集中できなかったこともありますが、学校ではしっかり勉強して授業前や後に図書館に行って予習、復習をしていました。学校に慣れた頃には外国人や日本人の友人が出来ました。

一ヶ月の生活費

IN $1,000 OUT $500
節約のポイント:自炊すること 日本に持って帰れないので、余計なものは買わない
最後にメッセージ
日本を外側から見られて、良い点、悪い点があると気付きがありました。どんなに変な英語でも自分から発言して相手に伝わると、自信になるしとても嬉しかったです。また自分を見つめ直すことができ、求めているゴールに達成するには、どう行動すべきか考える様になったことは成長したと思います。帰りたいと思ったこともありましたが、励まされながら滞在して、辛くても最後には、かけがえのない思い出になりました。これから海外へ行く方は海外生活を充分に満喫して欲しいです。

資料請求

ワーキングホリデープログラム

PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation