オーストラリア・大学進学の体験談 | 早川騎匠さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン
体験談で探す

大切なのは協力し合える仲間がいること。 将来は外資系企業でマーケティングの仕事がしたいです。

オーストラリア 早川 騎匠さん Hayakawa Kisho
海外大学進学/オーストラリア(シドニー)
渡航期間:語学学校8ヶ月の後、海外大学進学
プロフィール写真
大学進学をしようと思った理由を教えてください。 日本の大学に行きたいと思っていましたが、国立大学の試験に落ちてしまい、留学することに決めました。
ラストリゾートのスタッフの方やワーキングホリデーの方に薦められて、早く現地の大学に行きたいと思いました。語学学校で自分と同じ大学を希望する人が多かったこともきっかけになりました。
渡航前に不安だったことは何ですか? 自分の英語がどのぐらい通じるのか。
生活の環境の変化に対応できるかどうか。

公開!早川さんの海外生活!

海外生活写真
海外生活写真

■大学のコース名を教えてください。
Qibt:Diploma of Commerce
Griffith University:Bachelor of International Business

■大学までの道のりを教えてください。
・語学学校(Navitas General English)3ヶ月
・語学学校(Navitas Academic English)5ヶ月
・QIBT1年間
・Griffith(グリフィス)大学へ2年生として編入学

■大学の授業の内容を教えてください。
自分はBachelor of International Businessを専攻しているので、主に国際ビジネスに関わる勉強をしています。
●主な授業内容
・International marketing(国際市場)
・accounting(国際会計)
・management(国際経営)
・economic(経済)
・employment relations(雇用関係)

■大学での1週間のスケジュールを教えてください。
基本1つの教科の「授業」は2時間で、更に「ワークショップ」もしくは「チュートリアル」が2時間あるので、1つの教科が終わるのに合計4時間かかります。 
今は4教科とっているので、週に4回学校に行っています。もちろん土曜日と日曜日はお休みです。?

■苦労したことは何ですか?
英語の発音と聞き取りが難しかったです。そのため、コミュニケーションを取るのに苦労しました。
大学の授業の内容は難しく、覚えることが多いです。だいたい一日で教科書が最低30ページ勉強するのが当たり前です。

成長できたと感じたことは何ですか?

トピック写真
高校卒業後に来たので、自立心はとても向上したと思いました。

今後の進路について教えてください。

自分のことを必要としてくれる企業に就職したいですし、主に国際関係の仕事がしてみたいと思っています。
例えば、外資系企業や海外部でのマーケティング、貿易など、色々な経験がしてみたいです。
先輩からのアドバイス!
たくさんの人が海外の大学に挑戦し、断念して日本に帰国します。その人たちは大学に入学できた人たちですが、大学の授業に付いて行けず断念しています。
私もこちらの大学に入学できたことは嬉しかったのですが、正直かなりきついです。今、中途半端な状態で日本に帰っても仕方がないので、きちんとこちらの大学を卒業したいと思っています。これから大学進学を目指す方は、目的を持って大学に入学してほしいです。
また大学に入るにあたり、絶対に友達を作っておくことをお勧めします。困った時に助け合える友達は大切です。私が思うに大学進学を失敗する人たちは、互いに助け合う友達が少ない、またはいなかったのだと思います。
大学へ進学するにはお金がかかりますが、足りない人は学生支援機構などで奨学金を借りることができ、実際借りている留学生は結構います。私も奨学金を日本で借りており、生活費は大学に通いながらアルバイトをして賄っています。同じように多くの留学生は親の負担を減らすため、アルバイトをしています。
勉強は高校に通っている間に英語の単語や文法をやっておくことをお勧めします。他には進路に寄りますが、オーストラリアでscienceを勉強する方は数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ・A・ B・C、化学Ⅰ・Ⅱを、business系に進む方は経済(需要と供給)やExcelも使うので、高校の間に復習しておくことをお勧めします。
あとはラストリゾートの英会話レッスンに積極的に参加し、会話に慣れておくことが大切です。語学学校に入った時に会話のテストもあるので、海外生活を始めて間もない頃はかなり助かりました。
「とにかくやるしかない!」という気持ちで海外へ来てください!

資料請求

海外大学進学プログラム

PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation