アメリカ・ボランティアの体験談 | 仲世古妙さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン

映画関係のオフィスワークに挑戦!

仲世古 妙さんの体験談

story of one's experiences

仲世古 妙さん NAKAZEKO TAE
アメリカ ボランティア/アメリカ(ロサンゼルス)
渡航期間:13週間
仕事内容は、5月に行われるフィルムフェスティバルに向けての準備。出品される映画のレビューや監督についてなどの情報が各映画会社から送られてくるのでその書類の整理をしたり、それらについてくる写真をスキャンするなどプレスキッド作成の準備をしています。
プロフィール写真
受け入れ先 Visual Communications

アイコン インターンシップ生活

トピック写真
トピック写真
トピック写真
先週は映画編集ソフト、Finalcut Proの使い方についてのワークショップがあり出席しました。専門用語(Press KidやShorts Film、Feature)も初めて耳にしたときは意味がわからず聞きなおしたり辞書で調べたりしました。仕事の指示が1度で聞き取れないもどかしさがありますが、3ヶ月の活動中にそれを克服する事が今の目標。聞き直せば丁寧に教えてくださるのでとてもいい環境にいさせてもらっていると感じています。指示によってはコンピューターの操作を間違えないようしなければいけないので、ここでボランティアをするにはある程度の英語力が必要だと思います。

今回はタイミングよくフィルムフェスティバルの準備から当日までのプロセスが見れるのでとてもよかったです。日本ではレストランなどでバイトをしていたましたが、それとは全くちがう経験です。オフィスワーク=つまらない というイメージがあったのですが、何か目標があってそれに向かってやっていく事務作業を楽しめている自分がいました。

事務はだめだとかこういう職業じゃないとだめだとか、そういったものにこだわらなくてもいいという事がわかりました。なぜなら、どこで働いても毎日が楽しいだけではなく、何かを達成するためにやっているプロセスが大切だと実感したから。そういう自分の新たな発見にもなりました。

大学で周りが就活を始め、それに流されるのは正直嫌でした。自分に何ができるか、何が向いているか、やりたい事などを見つけるために今回このプログラムに参加しました。この受入先でのボランティア活動は色んな意味で経験となりよかったと思っています。

これまで考えた事もなかった日系人の歴史についても触れる事ができ、更に映画「Clash」を見て自分なりに人種について考えたり、こんな経済大国なのに貧富の差が激しいのはなぜなのか考えたりするようになりました。大学では社会学を専攻しているので卒論で日系史について書いて見ようかとも思っています。日系博物館も近くにあるので一度そちらにも足を運ぼうと思っています。
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation