アメリカ・ボランティアの体験談 | 赤木佑圭さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン
体験談で探す

自分のやりたいことがはっきり見えました!

アメリカ 赤木 佑圭さん AKAGI YUKA
ボランティア [ NPOで働く ]/アメリカ(ロサンゼルス)
渡航期間:2ヶ月
「とにかく頑張って行ってますよ!」いつも前向きで明るくチャーミングな赤木さんの受入先はエイズ、HIVサポート団体でした。「スタッフ達はユニークな方が多くいつも楽しく交流してます!」とオフィスにも報告に来てくださいました。 赤木さんはAPAITの他、ファーマーズマーケットや他の受入先のイベントの手伝いにも積極的に参加され、短期間で非常に様々な団体の方々と交流されたそうです。
プロフィール写真
受け入れ先 Asian Pacific AIDS Intervention Team

インターンシップの感想を聞かせてください!

トピック写真
トピック写真
日本のエイズサポート活動よりも、こちらの活動は、社会により強くPRしているのが印象的でした。あのオープンさ、暖かさ、誰でもウェルカムといった雰囲気がとても良かったです。

同性愛者の方々を「He」と呼ぶべきか「She」と呼ぶべきか分からずスタッフに尋ねたら、その人のファッションスタイルで呼称を決めればいいと教わりました。例えば男性で女性の格好をしていれば「She」、女性で男性の格好をしていれば「He」と呼ぶそうです。しゃべり方では決められないということでした。

APAITでボランティアをしたことは最高でした。スタッフ達が暖かく迎え入れてくれ話をしてくれましたし、LAフィルハーモニックオーケストラのコンサートチケットを頂いたりもしました。 イベントに参加したことも大変いい経験になりました。ボランティアのポジションは単にボランティア扱いする所が多いにも関わらず、APAITではスタッフと同様の仕事を任せてくれました。イベントの準備で、あるセクションの飾り付けを丸ごと任せてくれました。自分なりに考えて飾り付けをしました。頑張ったことは認めてもらえたしスタッフの方にも本当に感謝され、とても嬉しかったです。

このボランティアを通して自分のやりたいことがはっきり見えました。今後日本でも同性愛者の方々の人権サポートやエイズ、HIVに関して活動してみたいと思っています。日本もそういったことをもっとアクティブにやっていくべきだと思いました。

資料請求

ボランティア [ NPOで働く ]プログラム

PAGE TOP
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation