オーストラリア・語学留学の体験談 | 佐々木真理さん

留学・海外留学のラストリゾート

フリーコール 0120-999-555

  • HOME
  • 海外留学とは?
  • ワーキングホリデーとは?
  • 海外語学学校ランキング
  • データで見る「留学」
  • 無料カウンセリングを予約する
  • 無料資料請求
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • 留学費用がすぐにわかる オンライン見積もり
  • メニュー
  • 会員ログイン

人気エリアにたたずむ趣のある家でシェア生活

佐々木 真理さんの体験談

story of one's experiences

佐々木 真理さん SASAKI MARI
オーストラリア 語学留学/オーストラリア(シドニー)
渡航期間:4ヶ月
語学留学が目的でシドニーに来た佐々木真理さん。何かを専門的に学びたい!と思い、専門学校に通うことにしました。
プロフィール写真
出発時期 2003年6月
滞在の目的は? 語学留学。シドニーに来てから専門学校に通うことに決めた。
出発前の語学力は? 中級レベルくらいだと思います。
今の語学力は? リスニングと会話力が伸びました。

佐々木さんの海外生活を大公開!

海外生活写真
海外生活写真

噴水のある小さな庭、ステンドグラスがきれいな玄関、クラシックなつくりのバスルーム。真理さんが住んでいるのは、ところどころ改装されているものの、随所に歴史を感じさせる趣のある家だ。大通りから離れているので静かな上、天井から太陽の光が入るつくりになっていて、なんともすがすがしい。シェアメイトは、元スチュワーデスのジュリアンと、その息子のキリン。「とても落ち着いて過ごせるし、シェアメイトもいい人たちなんですよ」と、真理さんもここでの生活がすっかり気に入っている様子だ。

アイコン 滞在中のエピソード

トピック写真
授業でのエピソードといえば、やっぱり犬に噛まれることです。一度、遊んでいたつもりが、いつのまにか本気で襲われていることに気づいて大変でした。今は学校が忙しくて、週末は勉強していますが、今からスキーシーズンなので週末はスノーボードに行く予定にしています。

アイコン シェアメイトにも恵まれ、英会話の力もアップ!

トピック写真
トピック写真
シェア探しで真理さんが重視したのは、「オージーとのシェア」と「治安のいいノースのエリア」の2点。この家は日本人向けウェブサイトで見つけたのだが、1つだけ気がかりなことがあった。「子どものいるホームステイで大変な思いをしている人たちを知っていたので、子どもと住むのはちょっと、と思ったんです」しかし、偶然にも友達が「この家、知ってるよ!」と勧めてくれて、とりあえず下見に。

「その時、子どもは家にいなかったんですが、ジュリアンと話をしながら『この親なら、きっと子どももいい子だ!』と直感で思ったんです(笑)」
さらに、この間までその家でシェアをしていた日本人女性と話すチャンスも作ってもらい、「子どももとてもいい子だから、安心して住めるよ!」といわれて心が決まった。

真理さんの直感どおり、ジュリアンはとてもきれい好きなうえ、『マリが忙しい時には邪魔をしないこと』『人の部屋にはいるときはノックをすること」など、しつけもしっかりしていて、最初の心配はどこへやら。シェアを始めて2ヶ月だが、「居心地がよくて、なんだか、ずっと前からこの家に住んでいるような気がします」
2人と話も弾むから、ココに来て語学力も伸びたそうだ。

たまには家に友達を呼んで料理を作り、ベランダでランチやディナーを楽しむこともある真理さん。料理好きだけあって、炊飯器がなくても、お鍋でちゃんとご飯を炊くし、木曜日はチャイナタウンのマーケットに野菜の買出しに行く。
「マーケットは毎週木~日曜日なので、初日に行くと新鮮な野菜がそろっているんです。安いし、種類も多いんですよ」
日本の食材を買うこともあるが、『ちょっと買っただけですぐ20~30ドルはかかってしまう・・・』というわけで、日本食の買出しは週1回以下に抑えているそう。
アイコン帰国後も使えるスキルと技術を身につけたい!
出発時は4ヶ月間の語学留学の予定だったが、来てしばらくしてから、何かを専門的に学びたいと思うように。
「4ヶ月では語学力もそれほど変わらないと思ったし、帰国したとき、『私は留学でコレをしました!』っていう証明みたいなのがほしくなったんです」

そこで、もともと絵を描くのが大好きだったことと、「ここで学んだことを、帰国後の仕事に繋げたい」と、グラフィックデザインの勉強をすることに。専門学校の選択肢も多いシドニーだから、留学生が少なくて、毎月入学日があるという、真理さんの希望に合った学校が見つかった。今はコースが始まるまでの間、図書館でデザインやコンピュータに関する本を読んだりと、自由な時間をたっぷり楽しんでいる。

新しいことが学べるという期待と、「専門用語とか大丈夫かなら~?」と、ちょっぴり不安も抱えながら新学期を待つ真理さん。でも、自分で決めたことだから、あとは卒業まで全力で1つ1つの課題をこなしていくだけ。
「ディプロマを取ったら日本でグラフィックデザイナーとして就職したい。将来はポスターのデザインなどを手がけることができたらと思っています」
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

Copyright © Last Resort Corporation