• メニュー
  • 会員ログイン
  • 語学学校検索

カナダワーキングホリデー

募集要項   カナダワーホリの魅力   ワーホリ体験談   安心現地サポート
 
カナダワーキングホリデー体験談
 

カルチャーショックで、自分のキャパシティが広がっていくと思います。日本ではなかなか体験できません!

カナダ国旗江間 玲子 さん REIKO EMA
ワーキングホリデー/カナダ(トロント)
渡航時期:2008年6月~2009年5月(約1年間)

アルバイトで自分の可能性を発見した江間さん。 日々成長で毎日が充実!!

江間 玲子さん

日本でのお仕事は?

 

家具メーカーでデザインの仕事をしていました。 広告等のデザイン(宣伝担当)の他に、マネージメントなどの仕事をしていました。
出発前と帰国後とで、
英語力はどのくらい変わりましたか?
出発時は挨拶程度のレベル。
現在では、日常会話はできるようになりました。特にリスニングはカナダに来た当時よりも伸びたと思っています。常に英語を耳にする環境にいるので、耳をすまして盗み聞きをしたり、わからない単語はメモって後で調べたりと、とにかく英語に慣れるように気をつけています。
渡航の目的は? 外国人の友達や、海外で活躍している人の影響が強いと思いますが、もともと他国の文化に興味があったので、チャンスを逃す前に行こうと思いました。
 
  ワーキングホリデーQ&A
 
江間 玲子さん■語学学校について教えて下さい。
学校名:Language Studies Canada(LSC)/ Can Pasific
LSCは大きい規模の学校なので、いろんな人に会えるし、レベルもクラスも多いので、授業以外にも学ぶことが多かったです。2つ目の学校、Can Pacificは小規模でしたが、授業内容はスピーキング、ビジネス英語がメインだったのでボキャブラリーとスピーキングのスキルが伸びたと思います。

■アルバイトについて教えてください。
インターネットでチェックして、レジュメ(履歴書)を直接お店に持って行きました。トロントはいろんな国の人たちが生活しているので、ネイティブではない人と働くこともたくさんあります。私が働いていたレストランはオーナーがタイ人だったので、同じ英語でも出身国によってアクセントの違いなども学ぶことができました。また、私がいつも心掛けていたのは、全ての仕事に対して、自分のすることに責任感を持つこと。失敗しても次はしないように、日々成長できる毎日は、やりがいがあって楽しいです!

 
  メッセージ
 
他国の文化にできるだけ触れてみるべきだと思いました。カルチャーショックを受けることで、自分自身のキャパシティが広がっていくと思います。これは日本ではなかなか体験できないと思います。自分のことをもっとよく理解し、表現することの大切さを感じることができます。日本人の良いところを忘れずに、新しいカルチャーを学んでみて下さい。世界は思っているより、大きいです! ※英語の勉強と渡航資金はたくさんあった方が、のちのち自分のためになるので、できるだけ準備した方がいいですよ。
 
資料請求 カウンセリング
 
この特集は2012年03月時点の情報になります。最新情報についてはお問合せください。
  • お気軽にご相談ください!
    無料カウンセリング
    担当カウンセラーがあなたにぴったりの
    留学計画をご提案致します。
  • じっくり検討してみたい方へ!
    無料資料請求
    留学情報が満載のパンフレットを
    無料でお送り致します。
  • 今すぐ留学費用の概算がわかる!
    オンライン見積もり
    ご希望の留学条件を入力するだけで
    概算費用をご確認いただけます!

海外生活を始めるための第一歩

もっと多くの方にワーキングホリデーのこと、留学のこと、海外のことなどを 知っていただきたい!という思いから、ラストリゾートでは全国各地でセミナーを開催しております。

セミナー情報はこちら

Copyright © Last Resort Corporation