< 最新情報へ戻る
ワーキングホリデーオススメの国ランキング発表!あなたにピッタリの国がきっと見つかる!

長期休暇などを利用して、多くの日本人が渡航する場所として身近なハワイ。旅行先としてはメジャーである一方、留学先としても注目を浴びています。ここでは、ハワイ留学の魅力についてご紹介します。

基礎情報

基礎情報
概要・時差・カルチャー・気候

ハワイ1950年代にアメリカ合衆国に加わった50番目の州で、「常夏の楽園」と呼ばれています。
ハワイはオアフ島、マウイ島、カウアイ島、ハワイ島などの主要な島と、130ほどの小さな島から成り立っています。

時差

日本時間マイナス19時間。
例えば、ハワイが日曜日の正午とすると、日本は月曜日の午前5時になります。

カルチャー

ハワイはアメリカ合衆国に加わるまで、独自の文化や歴史を育んできました(有名な物は、レイ・フラダンス・ウクレレなど)。そして、現在もその文化を生活の一部として大切に受け継いでいます。そんなハワイ文化は「ハワイアンカルチャー」と呼ばれ、人々に親しみを持たれています。

気候

ハワイには日本のような四季はなく、年間を通して温暖な気候が続くので、1年中遊泳が可能です。さらに、ホノルルは晴天率が年間平均で約70%と、とても高く、いつ訪れても天気の良い日が期待できます。

ハワイ留学のメリット

ハワイは年中穏やかな気候に恵まれおり、とても過ごしやすいので、勉強やスポーツに集中する事が出来ます。また、日本語も理解してくれるハワイアンも若干いますので、初めての留学生活を送るのに最適な場所です。


  1. 世界中から移民が集まり、さまざまな文化が融合している街で、留学生や異文化が受け入れられやすい。
  2. 世界各国から留学生が集まるので、多国籍なネットワークを作る事が出来ます。
  3. 日本の物が比較的手に入りやすいので、日本が恋しくなっても大丈夫。
  4. 気候が良く、過ごしやすいので、勉強がはかどり、スポーツもおもいっきり楽しめます。
  5. 日本から近く、直行便も毎日10以上も出ているので、緊急時にも安心出来ます。

ハワイ留学でできること

サーフィン&ボディボードサーフィン&
ボディボード
ダイビングダイビング
フラダンスフラダンス
レイメイキング・ウクレレレイメイキング・
ウクレレ

語学学校でできる、
ハワイアンカルチャー体験

ハワイの文化を通して短期間で語学研修!

ワイキキのど真ん中、ビーチまで3分という好立地にある、「Institute of Intensive English」で学ぶプラン。授業は火曜から金曜までの週16時間、1クラスの人数は最大でも15名(平均10名)。 午後はフラダンス、リボンレイ作り、ハワイアンキルト、サーフィン、ウクレレのうち、3つ/週を選択し、体験できます。 (4つ/週、5つ/週も手配可能です。詳しくはお問い合わせください。


ハワイ留学の生活

ハワイ留学の生活って一体どんな感じ?と、疑問をお持ちの方のために、サンプルスケジュールと、ハワイ留学を満喫されている方の体験談をご紹介します。

ハワイ留学のある一日

8:30
起床
8:45
学校へ行く
ホームステイ先から徒歩で10分、学校に到着
9:00
英語レッスンスタート
午前中は文法をグループワークでしっかり勉強
12:00
ランチタイム
クラスメイトと学校の前に広がるビーチでランチ
13:00
フラダンスコースを受講
本場でフラダンスを勉強。来週はクラスで発表会!
15:00
放課後
クラスメイトと再びビーチへ、サーフィンに初挑戦
17:00
帰宅&夕食
ホストファミリーと今日あったことを話しながら楽しく夕食
20:00
勉強
予習、復習をしっかり勉強。宿題も忘れずに。
22:00
就寝

先輩の声

林愛子さん(34歳)

2010年10月〜2011年4月

Global Village Hawaiiに通いました。フラダンスとアロマをやりたかったことと、ハワイの文化が好きだったので、そこで勉強したいと思い、ハワイを選びました。この学校を選んだのは、母国語禁止という制度があったからです。授業は、月曜日から水曜日まで教科書で基礎的なことを学んだあと、木曜日はレポート、金曜日は発表するというプログラムでした。先生は、文法や発音を一つ一つ丁寧に教えてくれて、わかりやすくてとても良い授業でした。東北で大震災が起きた直後、学校でも寄付が行われ、スイス人、韓国人、アメリカ人等が日本のために一つになったことがとても印象深く、感動しました。帰国後は、アロマセラピーショップで働きたいと思っています。留学で培った英語力を生かして、外国人のお客様にも接客ができるようになりたいと思っています。


山田智佳さん(22歳)

2011年3月(1週間)

就職先が決まり、卒業を迎えるだけの春休みに1週間の短期でハワイに留学しました。治安や交通の便がよく、ショッピングモールやスーパーマーケット、フードコート等、周りにはなんでもある環境でした。ビーチが近くにあったことも◎でした。 授業は、先生が静かな教室が嫌いなので、たくさんトークをしなければなりませんでした。1週間という短い期間でしたが、フラやパーティなどのアクティビティにも参加できました。留学中は、ホストファミリーとたくさん会話をすることを頑張りました。また、友達がたくさんできました。日本人が多い環境ですが、いつも韓国人と一緒にいました。ホストファザーに、1週間プログラムなんて間違ってる!足りない!と言われたので、機会があればまた行きたいと思っています。就職先は英語を使う仕事ではありませんが、これからも英語力をアップさせていきたいです。


ハワイのおすすめ語学学校

Global Village Hawaiiグローバルヴィレッジ、ハワイ

リピーターや長期間延長する生徒多数!
イメージ
1週間:121,600円〜
※含まれるもの:入学金、授業料、滞在費(ホームステイ/1日2食)、テキスト代、送金手数料、空港送迎(片道)、ラストリゾート手数料
学校詳細

初心者でも安心して留学できる経験豊富な講師が自慢で、vも多いです。ハワイでも、日本人以外の生徒が多いことが特徴で、さらに年齢の幅がとても広いことが特徴。 教師陣は英語以外の外国語も習得しており、英語はハワイなまりはなく、メインランドの言葉を話します。

Institute of Intensive English Hawaiiインスティチュートオブインテンシブイングリッシュ、ハワイ

厳しいイングリッシュオンリーポリシー
イメージ
1週間:189,100円〜
※含まれるもの:入学金、授業料、滞在費(ホームステイ/1日2食)、テキスト代、送金手数料、空港送迎(片道)、ラストリゾート手数料
学校詳細

ワイキキビーチまでは徒歩3分以内。スクールはホテルやレストラン、ショップが立ち並ぶカラカウア通りに面しています。厳しいイングリッシュオンリーポリシーの他、より国際的な文化交流に触れていただくために国際ミックスポリシーがある学校です。

準備とサポート

スムーズな出発準備で時間を有効活用しましょう。ラストリゾートのサポート内容は充実した海外生活を送って頂く為に、1人1人にあったプランニングをご紹介していきます。

資料請求からハワイ滞在までの流れ

  1. 資料請求
    カウンセリング
  2. お申込手続き
  3. 安心の3大オリエンテーション
    1. 出発までの流れとサポート活用法
      パスポート申請サポート
    2. ビザ申請サポート
      航空券手配、海外旅行保険
    3. ホームステイ先確定
      外資宅配サポート、出発前最終確認
  4. 出発
このページの先頭に戻る