用語集

留学用語集

語学用語集 海外留学では、出発前や現地での手続きを行ううえで、実に様々な制度や専門用語を目の当たりにします。
用語の意味が理解できないと、進められない事がたくさん出てくるのが海外留学の難しいところ。
そこで、皆様のために留学用語をまとめました。

 

日本語検索はこちらから

ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ

>>日本語 用語一覧

アルファベット検索はこちらから

>>アルファベット 用語一覧
サーチャージ
サーチャージとは、旅客、貨物輸送に際して運賃に加えて旅客、荷主に付加される諸料金のことである。燃料費の高騰、為替レートの変動など船主、航空会社の営業努力によらない価格変動要因を運賃と別建てにすることで経営リスクを回避する手段として、導入された経緯がある。航空券の価格表記にはサーチャージが含まれない事が多いため、表記金額に加えてサーチャージがいくら追加になるか、確認を行ったほうが良い。 サーティフィケイト(Certificate)
サーティフィケイト(Certificate)とは、特定の知識、技能習得のプログラムを終了したことを証明するもの。専門課程では3ヶ月~1年間のサーティフィケイトプログラムと呼ばれるものもある。 ジーピーエー(GPA)
ジーピーエー(GPA)とは、欧米の大学で一般的に用いられている成績評価法のこと。留学の際など学力を測る指標となる。Grade Point Averageの略である。 ジーマット(GMAT)
ジーマット(GMAT)とは、Graduate Management Admission Testの略。MBA(Master of Business Administration)の取得を目指してビジネススクールに出願する際に、スコアの提出を求められるテストのことである。出願者がビジネススクールでの学習についていけるかどうかを判定し、一定のレベルに達していないと門前払いになるスクールもある。アメリカに限らずカナダ、イギリスなど全世界の1000以上のMBAプログラムで合否判定材料の一部として利用されている。GMAT を開発・管理しているのは、TOEFLなどを手がけるアメリカの教育団体 ETS の傘下にあるGMAC(Graduate Management Admission Council)。 ジェイワンビザ(J-1Visa)
ジェイワンビザ(J-1Visa)とは、アメリカ情報局(USIA)に認められた交換プログラムに参加する場合に発行されるビザのことである。就労ビザではないが、有給にて研修を受ける事が可能であり、有給インターンシッププログラムに参加する場合に取得することが多い。 条件付入学(Conditional Offer)
条件付き入学(Conditional Offer)とは、英語力以外の入学条件を満たしている学生が、提携する語学学校で規定のプログラムを受講し、一定レベルの英語力を身につけることを条件に、入学を許可するシステムである。 シラバス(Syllabus)
シラバス(Syllabus)とは、科目ごとの授業概要のこと。または時間割の事を指す場合もある。 スカラーシップ(Scholarship)
スカラーシップ(Scholarship)とは、奨学金または奨学金取得試験のことを指す。 セカンドワーキングホリデー(Second Working Holiday)
セカンドワーキングホリデー(Second Working Holiday)とは、オーストラリアでのワーキングホリデーを2年間に延長、または2回目のワーキングホリデーができる制度。オーストラリア政府が指定するファーム等の季節労働を3ヶ月間行い、証明書を取得できれば、滞在期間をもう1年延長することができる。 セメスター(Semester)
セメスター(Semester)とは2学期制の意味。学校の1年間の家庭を半年ごとの前期・後期に分けて行う制度である。年度の初めは、欧米では9月である。ヨーロッパの大学では夏学期からでも冬学期からでも新規の学生登録ができる。 ソーシャル セキュリティ ナンバー(Social Security Number)
ソーシャル セキュリティ ナンバー(Social Security Number)とは、アメリカでの社会保障番号の呼称である。アパートを借りる時、銀行口座を開く時、運転免許を取る時、電話線をつなぐ時、就職する時、様々な場面で必要になる。長期留学においては、ソーシャルセキュリティナンバーを持っていることで留学生の信用度が増す、有効な身分証明となる。 在留届
在留届とは、旅券法第16条により義務付けられた海外滞在時の居住地通知の制度。外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出する必要がある。この目的とは、大災害のときや事件、事故のとき、該当者の安否確認、留守宅などへの連絡を行うためのものである。「在留届」用紙は、日本国内では各都道府県の旅券窓口、外国では在外公館で簡単に入手できる。
PAGE TOP