用語集

留学用語集

語学用語集 海外留学では、出発前や現地での手続きを行ううえで、実に様々な制度や専門用語を目の当たりにします。
用語の意味が理解できないと、進められない事がたくさん出てくるのが海外留学の難しいところ。
そこで、皆様のために留学用語をまとめました。

 

日本語検索はこちらから

ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ ワ

>>日本語 用語一覧

アルファベット検索はこちらから

>>アルファベット 用語一覧
アイ トゥエンティー(I-20)
アイ トゥエンティー(I-20)とは、アメリカの大学からの入学許可証の呼称。履修学科(専攻)、コース期間、初登校指定日などが記されている。F-1(エフワン)ビザ申請時に提出が必要な書類である。 アイエーピー66(IAP-66)
アイエーピー66(IAP-66)とは、交換留学生向けの入学許可証のこと。J-1ビザ申請時に提出が必要な書類である。 アイエルツ(IELTS)
アイエルツ(IELTS)とは、英語熟練度を測る英語検定の1つで、English as a Second Languageの略。ケンブリッジ大学 ESOL Examinations、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Education Australiaに協同で運営されている。テストの種類は大きく2種類。Academic Module (大学や他の高等教育機関への出願の為のテスト)とGeneral Training Module (一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)。IELTS はオーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカのほとんど全ての大学で受け入れられ、アメリカ合衆国の学術機関、専門機関などでの受け入れも増加している。 アカデミック イヤー(Academic Year)
アカデミック イヤー(Academic Year)とは、学年度のことを指す。アメリカ、イギリスなどでは、9月から5月まで約9ヶ月間。オーストラリアやニュージーランドでは2月からの9ヶ月間である。 アクティビティ(Activity)
アクティビティ(Activity)とは、語学学校においては放課後や週末に学校が開催する課外活動のことを指す。学校によって様々ではあるが、スポーツ交流やバーベキュー、パーティや一日旅行が企画されることが多い。授業とは違う形で海外文化や外国語に触れ、先生やクラスメイトとの交流を深める目的で行われる。 アコモデーション(Accommodation)
アコモデーション(Accommodation)とは、宿泊施設のこと。語学留学の場合は、ホームステイや学生寮に宿泊するケースが多い。 アソシエイト オブ アーツ(Asociate of Arts)
アソシエイト オブ アーツ(Asociate of Arts)とは、準学士号のことを指す。2年生大学で一般教養プログラムを終了したときに得る学位である。A.Aなどといった略語表記で記載される場合もある。 アテンダンス(Attendance)
アテンダンス(Attendance)とは、出席の意味。語学学校においては授業や説明会に出席すること。 アドミッションオフィス(AdmissionOffice)
アドミッションオフィス(AdmissionOffice)とは、学校内で入学の手続きを行う窓口。 アンダーグラデュエイト(Undergraduate)
アンダーグラデュエイト(Undergraduate)とは、4年生大学の学士号を取得するための学部のこと。 イーエスエル(ESL)
イーエスエル(ESL)とは、英語を母国語としていない人のための英語教育を指す。English as a Second Languageの略。語学学校をESLと呼ぶ事も多い。英語を第二外国語として話す人、という使い方もある。 インターンシップ(Internship)
インターンシップ(Internship)とは、留学においては海外の企業やNPO団体などで一定期間、研修生として活動することを指す。大きく分けて無給のものと有給のものがあり、無給であっても英語環境での勤務体験や、海外の社会に参加して得られる貴重な経験をキャリアアップに活かせるのがメリットである。また、有給の場合は登用を見込んだ試用期間という位置づけで実施している企業が多い。認められて正式採用されれば、海外就労において非常に壁の高い就労ビザ申請も協力してもらえるため、海外就労への登竜門として非常に有効な手段である。 永住権
永住権とは、外国人がその国の国籍を所持せずとも永住することができる権利である。日本人が他国に永住する場合は、各国の定められた審査・手続きを行い、永住権を取得する必要がある。永住権の申請は専門的な知識が必要なため、その道に特化した永住コンサルタントに、自らの永住権取得の可能性や不足要素について相談してみるのが早道であろう。 エイチ・エス・ケー(HSK)
エイチ・エス・ケー(HSK)とは、中国の教育部(日本の文部科学省に相当)の認定する中国語の語学検定試験である。中国語を母語としない学習者(外国人以外に華僑や中国国内の少数民族も含む)が対象で、1級から11級までがあり数字が大きいほど上である。「基礎」「初中等」「高等」の3種類があり、点数に応じてそれぞれ1級-3級、3級-8級、9級-11級がもらえる。中国国内の大学へ留学するためには学部・学科により3級-6級以上に合格する必要がある。「基礎」「初中等」「高等」の他にも、「ビジネス」「旅行」もある。中国において中国語力を証明するために有効な資格であり、合格すると「漢語水平証書」という証明書が送られる。 エイリアン レギュレーション カード(ALIEN REGISTRATION CARD)
エイリアン レギュレーション カード(ALIEN REGISTRATION CARD)とは、米国の外国人永住権及びその資格証明書(永住者カード、Form I-551)のことである。初代の証明書が緑色のカードだった事からグリーンカードという俗称で呼ばれることが多い。 エスエーティー(SAT)
エスエーティー(SAT)とは、アメリカの4年制大学への進学希望者を対象に行われる全国共通試験の呼称。Scholastic Assessment Testの略である。主にアメリカの学生を対象としているが、ハーバード大学やイェール大学、コロンビア大学などの「アイビーリーグ」やカリフォルニア大学などといった有名校では、留学生にもスコアの提出が課される。 エヌピーオー(NPO)
エヌピーオー(NPO)とは、ボランティア活動などの社会貢献活動を行う、営利を目的としない団体の総称。海外ボランティアの留学プログラムで、海外のNPO団体に参加できるものがある。 エフワン ビザ(F-1Visa)
エフワン ビザ(F-1Visa)とは、いわばアメリカの短大・大学・大学院・語学学校への『留学用ビザ』。日本では米国大使館・領事館が発行場所となり、アメリカ本国では移民局[USCIS]が発行している。また、専門学校留学を行う場合にはM-1ビザが必要になってくる。 エムエムツーエイチビザ(MM2Hビザ)
エムエムツーエイチビザ(MM2Hビザ)とは、マレーシアにおいて一定額以上の定期預金を取得することで最短1年から最長10年までの滞在を許可される海外ロングステイ向けのビザである。マレーシア・マイ・セカンド・ホームの略。2008年現在の規定では、50歳以上の方であれば約500万円程度の定期口座をマレーシア国内銀行で開設してあり、また月々20万円程度の取得があればビザを取得することが出来る。 エムビーエー(MBA)
エムビーエー(MBA)とは、経営学修士号のことを指し、Master of Business Admistrationの略である。欧米においてはビジネススクール(経営大学院)、日本においては大学大学院(修士課程)が、これを授与する。 オープン アドミッション(Open Admission)
オープン アドミッション(Open Admission)とは、入学審査の際に高校卒業等の基本的条件を満たせば、成績に関係なく入学できる制度。 オーペア(Opea、オペア)
オーペア(Opea、オペア)とは、現地家庭の育児や家事を手伝いながら、滞在先を提供してもらう海外滞在の方法のひとつ。ホストファミリー宅での子供の世話(週1~2回程度の夜間ベビーシッター含む)や部屋の掃除、洗濯、アイロンかけなど、子供の世話を中心とした基本的な家事を手伝うことで、無料でホストファミリー宅で滞在、さらに収入を得ることも出来る。 オリエンテーション(Orientation)
オリエンテーション(Orientation)とは、新入生対象の学校説明会のこと。学校の施設の利用方法などを説明される。 オンキャンパス(On-Campus)
オンキャンパス(On-Campus)とは、大学のキャンパス内に語学学校の校舎も併設されていることを指す。現地の大学生と交流の場が設けられている学校もある。キャンパス外はOff-Campus。
PAGE TOP