留学・ワーキングホリデー
 
ワーキングホリデー:海外でキャリアアップ 働いていた幼稚園で日々成長していく子供たちを見ているうちに私はこのままでいいのかな・・・と思うように。ふと海外旅行中に見つけたチョークアートに魅せられてゴールドコースト行きを決めました。私の人生の中でこの1年、本当に来て良かったと心の底から思います。
資料請求
 
     
  海外でキャリアアップ! ワーキングホリデーならではの自由な海外生活 ワーキングホリデーとは よくある質問 出発前サポート 現地サポート  
 

留学HOME > ワーキングホリデー > 海外でキャリアアップ!

 
  海外でキャリアアップ!  
  ワーキングホリデーとは自由に1年間暮らせる魅力的な海外生活方法。
ワーキングホリデーの可能性は、実は無限大。あなたのチャレンジの分、その世界は広がります。今回は海外での1年間を無駄に過ごしたくない、行くからには何か手に職を付けたい!という方のために海外でキャリアアップする方法を特集しました。
 
     
 
ドッグトリマー 2ヶ月先まで予約でいっぱいのお店で働いています。犬が好きで、毎日たくさんの犬に会えるので楽しいです。トリミングは言葉では表現できないほど魅力のある仕事なので、永住権を取って、このままここでずっと働いて行きたいです。 ネイルアート 「自分がもっと打ち込めること、何かあるはず」と思いつつもなんとなく毎日が過ぎてしまう・・・。かつてそんなOLのひとりだった河上美智子さんは、ゴールドコーストでネイルアートに出会い、青い空の下、プロになるための夢を追ってオージーの中で奮闘中です!
 
     
   
   
  ワーキングホリデーならではの自由な海外生活プラン  
  めざせ海外就職  
  目標は海外での就職。「働ける」というメリットを最大限に活用して、さまざまな仕事を経験。チャンスを将来に活かします。  
 
北条梓さん 北條 梓さん(オーストラリア/シドニー)
高校を卒業後、2年間専門学校でホテルブライダルを学ぶ間に、ハワイの次に海外ウエディングが多いオーストラリアでウエディングプランナーとして働くことを決意。ワーキングホリデーで渡航後まずは、英語力をつけるため語学学校へ。その後ドレスショップや結婚式場で働いた日本での経験をウリに、ウエディングプランニング会社に見事アルバイトでの就職に成功しました。のんびりしたオーストラリアでは、何度もお客様と確認しながら結婚式の準備をすすめていくのが重要。もっと語学力が必要だと切実に感じ、2度目の渡航は、学生ビザでビジネススクールに通いながら、同じ仕事を継続中。
●将来の可能性:
ビザをビジネスビザに変更して、少なくとも2、3年は滞在し、ウエディングプランナーの仕事を身に付けていきます。
 
     
  みっちり英語学習  
  英語力の飛躍的な向上を目指します。自分の目標に合わせて語学学校もステップアップ。将来に活かせる実力を身に付けます。  
 
谷口晴喜さん 谷口 晴喜さん(ニュージーランド/オークランド)
渡航してきたときの英語力はほとんどゼロ。語学学校では、最初は35クラス中下から4番目のビギナークラス。4週間だけのつもりが、日本人以外の友達がたくさんできたこともあり、延長してめいっぱい通いました。専門学校に入れるだけの語学力が身につき、今は地元のKIWI達と一緒に『ビジネス英語』を学んでいます。最初の2週間は授業の内容についていけず、かなり焦りました。でも最初のテストでなんとトップになり、モチベーションが上がったかな。ほとんどが学校の生活ですが、心の底から楽しんでます。家族や日本の友達も、この僕がここまでやるとは思っていなかったので、驚いています。
●将来の可能性:
今学んでいるのはアカウンティングとマーケティング。ぜひそれを活かしたいですね。
 
     
  資格にトライ  
  語学学校で英語を磨きつつ、ネイルアート、ライフセーバー、通訳などの資格にもトライ。帰国後のキャリアアップを目指します。
 
 
長田綾香さん 長田 綾香さん(オーストラリア/ケアンズ)
高校生の時に初めての留学でケアンズへ。そのときトライしたダイビングが忘れられず、ダイビングインストラクターになることを決意して、ワーキングホリデーで2度目のケアンズへ。世界遺産のグレートバリアリーフで、念願のライセンスを取得しました。ラッキーなことに、ダイビング会社で仕事をすることができ、たくさんのダイバー仲間と一緒に、宝石のような海を舞台に、とにかく楽しく過ごしました。
帰国時にはその会社から、なんと就職のスカウトが。今はビジネスビザを申請しつつ、取得できるまでの間は日本の海で、お金を貯めながらトレーニングを続けています。
●将来の可能性:
ビジネスビザがとれ次第、オーストラリアで本格的にインストラクターとして働きます。
 
     
  とことん好きなこと  
  大好きなことにとことん打ち込む長期休暇で、大いにリフレッシュ。海外で出会う意外な体験から将来への展望が生まれることも。  
 
田中裕子さん 田中裕子さん(オーストラリア/シドニー)
もともとネイルアートに興味がありました。ネイルサロンに行くよりも自分自身で好きなようにアートをしたほうが楽しいんじゃないかと思い、学校に通い始めました。友達にしてあげても喜んでもらえますしね。通っている学校の教室はまるで中世のフランスみたい!先生もとても綺麗で面白い方です。学校では、スカルプチャ、デザインスカルプチャ、エアブラシ、3Dアート、ハンドケアなど、たくさんのことを学んでいます。ネイルアートを通して友達もでき、毎日が楽しいです。夏には自分の足の爪にアートを施して、シドニーの街を歩いています。将来の夢は自分の結婚式に、自分でウェディングネイルを作ること!
●将来の可能性:
きっかけはかわいいものが好きなことと、綺麗になりたいこと。でもそこから、新しい友達を作ったり、将来の目標が出来たりと、一歩踏み出すことによって世界が広がりました!
 
   
   
  ワーキングホリデーとは:最長1年間の自由な休暇  
  海外生活の魅力を味わい尽くせる最長一年間の自由な休暇。
ワーキングホリデーは最長1年間まで海外に滞在できる制度。自由な休暇を楽しみながら一定期間のアルバイトもできるので、さまざまな海外生活を低予算で体験したい人におすすめです。滞在中は語学学校に通ったり、スポーツやボランティア活動を通じて友人をつくったり、好きな場所へ旅行することもすべて自由。クリエイティブな海外生活をアイデアいっぱいに組み立てることができます。
 
     
  日本から行ける国は現在7カ国。今後も対象国の広がりが期待できます。
ワーキングホリデーは国際交流を目的とした政府間協定により生まれた制度。日本から行ける対象国は1980年のオーストラリアを皮切りに、ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・ドイツ・イギリスへと広がっています。ヨーロッパやアジアも選択肢に加わったことで、ワーキングホリデーの魅力はますますアップ。今後も対象国の広がりが期待されています。
 
     
  ワーキングホリデービザの取得は、若い人だけの貴重なチャンス。
ワーキングホリデービザ取得のためには、国ごとに決められた「受け入れ条件」を満たす必要があり、その中には年齢制限も設けられています。さらにこのビザを取得できるのは「一国につき一生に一度」だけ。若いからこそ実現できる自由な海外生活のチャンスを有効に活用したいものですね。
 
   
   
  よくある質問:ワーキングホリデー  
 

Q.学生ビザとワーキングホリデービザの違いは何ですか?
ワーキングホリデービザは、一定期間のアルバイトで収入を得ることが認められるのに対し、学生ビザでは基本的に働くことが認められません。逆に、学生ビザの場合は長期間学校に通うことが認められ、ワーキングホリデービザでは就学期間に制限が設けられています。そのような意味でも、ビザの取得前に「自分の目的」をはっきりとさせることはとても大切です。

Q.どのくらい前から準備は始めればいいのですか?
“行きたい”と思った瞬間があなたの行動に移す時期。
平均的に半年前~1年前くらいからスタートするのが理想です。必ずしもお申し込み=すぐ出発ではありません。行ったらどんな自分に生まれ変われる?どんな可能性が広がる?そんな想いをラストリゾートカウンセラーが貯金や滞在する国、出発前の細かい準備、目標のゴールに向かうまで一緒に解決していきます。
貯金を溜めている間に、英会話や現地の情報収集、海外を目指す仲間達と出発を目指していきます。

 
   
   
  ラストリゾート出発前サポート  
  出発前サポート手順  
   
   
  現地直営オフィスサポートで安心ステイ  
  諸手続きサポート到着後すぐに必要な諸手続をサポートいたします。
在留届けの提出・銀行口座の開設・身分証明書番号の申請・国際携帯電話の手配・外貨両替など、まずはきちんと済ませておきたい手続きをしっかりとお手伝いします。
 
  お仕事サポートお仕事探しのサポートをいたします。
現地オフィスには、最新の求人情報が豊富に集まり、ラストリゾートの会員だけを受け入れている職場も多数。履歴書の作成や面接時の会話のポイントなどもアドバイスいたします。
 
  語学学校のサポート語学学校を見つけるサポートをいたします。
「現地で実際の学校を見てから入学したい」という方に好評なサポートです。学校見学ツアーにはスタッフが同行し、入学手続きのお手伝いをします。
 
 
留学・ワーキングホリデー
その他のプログラム
資料請求
 
このページの上部へ