Last Resort
 
 

「もっと多くの人に海外で学ぶチャンスやきっかけを与えてあげたい」と、ラストリゾートでは2004年3月に、奨学金100万円企画を実施。
たくさんのご応募の中から見事、選ばれた海外レポーターの南さんが海外へ出発しました。到着直前、直後の素直な心境を語ってくれました。

南悠子さん(25歳)
東京都出身

メイクに興味があり、大学卒業後は化粧品会社に就職、メイクへの興味は、いつしか本格的なメイクアップアーティストになりたいという夢に変わり、語学習得と専門的な勉強のために留学を決意。
資金をためるためにアルバイトに励んでいたところ、今回見事に海外レポーターに決定!夢への一歩が思いがけず早く実現し、1月に旅立ったばかり。

まずは資料請求から  

「南さんが海外レポーターに決まりました」。ほんとに?やったー!電話でその知らせを聞いたときの感動といったらもう・・・。思わずうれし泣き!半信半疑だった父も高校時代から海外へ行くことを勧めてくれていた母も、姉も喜んでくれて、家族みんなで盛り上がったことが忘れられない。

メイクアップアーティストを目指し、飲食店でアルバイトをしながら留学資金を貯めていたときに見つけた海外レポーター募集。これは応募するしかない!と思い、「海外でメイクの勉強がしたい。そのために、まず英語を身につけたい」という気持ちを思い切り書き上げた。最終選考に残り、面接を終えてからも自信はなかったから余計にうれしい。本当に夢みたい!

 
まずは資料請求から

出発が楽しみでわくわくしているけど、なんとかしておきたいのが英語。バイト先は、ラッキーなことに外国人のお客様も多い飲食店。海外レポーターに決定してからは、外国人の会話に耳をすませたり、話しかけたりしないともったいない!と思うようになった。努力の甲斐もあって、日本語がほとんど話せないお客様と仲良くなれたので、メールのやり取りをしたり、あったりして英語を使う機会がぐんと増えた。以前は外国人と話すだけで緊張していたけど、今では免疫力がついた感じ。

カナダでは、バンクーバーで3ヶ月、フルタイムで語学学校に通って、先ずは英語の勉強に専念するつもり。知らない人ばかり、しかも英語だらけの中で生活することに、不安はなく、むしろ楽しみ!父は寂しそうだけど、「外国人のボーイフレンドができてもいいよ」と妙な覚悟を決めてるみたい。出発を目前に、忘年会、新年会の合間に壮行会も加わり、連日酔っ払って盛り上がってるけど、家族と過ごす時間も大切にしなくちゃ!ここまで来たら、本当に早く行きたい。出発日待ちどおしい!

出発日のカウンセリングでは、現地での過ごし方の注意や、お金の持っていき方など、かなり細かいことまでアドバイスしてくれた。向こうでの暮らしは、まだイメージがわかないので質問も思い浮かばないから、事前に必要な情報を得られるのは、とっても助かる!現地でするべきことの確認もしてくれるので安心!

◆担当カウンセラーより◆ 

◇ラストリゾート東京オフィスカウンセラー:大沼圭亮

南さんは、将来の目標がメークアップアーティストと具体的で、数年先まで見据えた留学をイメージされていたのが決め手となりました。奨学金をより有効に使っていただけると期待しています。海外レポーターの方には、毎月レポートを提出してもらうのですが、南さんの奮闘ぶりを読むのが今から楽しみです。がんばってきてください!

 
まずは資料請求から

とにかく25歳の誕生日はカナダで迎えたい!それにこだわって1月9日、成田空港から出発。今まで離れたことがなかった家族や友達と別れて急に寂しくなった。8時間弱でバンクーバーに到着。日曜日なので街はとても静かな雰囲気。ついに来た!ワクワクする。早く友達をたくさん作りたい!

到着後の月曜日から学校。小規模を希望して「VIC」に決めた。でも初日から大遅刻っ!学校へはバスとシーバスを乗り継いで行く。バスの料金を間違えて、運転手さんに教えてもらう。シーバスは、バラード・インレットをノースバンクーバーから対岸のダウンタウンまで約15分で結んでいる。ちょっとした海の旅。景色がキレイで感動!

学校に着くなり、テスト。正直ほとんど分からなかったぁ。あまり日本人といないようにしようと思ったけど、日本人の友達が1人だけできた。学校帰りに話していたら、彼女も私と同じで昨日到着したばかりで、ホームステイ。そして、軽く引きこもりだったらしい。同じ気持ちなんだと思ったら、ちょっと気持ちが落ち着いた。日本人とばかりいると英語が上達しないけど、ストレスを溜め込んで自分が潰れたらここに来た意味がなくなっちゃう。だからうまくバランスをとればいいんだよね。そうすれば、色々な国の友達と話す気力も生まれるし、友達の輪も広がる。

留学生活はまだまだ始まったばかり!毎日楽しいことが頭に入ってきて、頭の中を整理しないとパンクしそう!

 
このページの上部へ