留学:ホーム > 体験談で探す > 体験談ページ

英語力の強化の一環で英語教師資格を取得

ニュージーランド国旗木村 さゆりさん SAYURI KIMURA
語学留学/ニュージーランド
渡航期間:2006年11月〜2007年10月
英語教師資格コースでは、教える視点で英語を学ぶという、ユニークながらも効果的な英語のレベルアップが図れます。 NZQA認定のTEFL(英語教師資格)取得コースを受講した木村さんの体験談から、レッスンの様子などをご紹介します。
木村さゆりさん
Q英語教師コース受講のきっかけ、目的は?

 3ヶ月間、語学学校で英語を勉強していて、もっと英語を勉強したいという気持ちが高くなっていました。 ラストリゾートの会員で、同じフラットメイトがこのコースを先に受講しており、「英語漬けになれる」という話を聞いていた事と、以前に日本の小学校で指導していたという経験から、TEFL取得に興味があり受講を決めました。

公開!木村さんの留学生活

■学校名<CLTI>
Communicative Language Training International Ltd

■授業ではどんなことをやっていましたか?
コースでは、語学学校通う実際の生徒相手に授業をする「ティーチングプラクティス」を 毎週行っていきます。 毎回のレッスン内容はクラスメイトとグループ作業で作り上げていきます。

木村さゆりさん

■大変だったことはありましたか?
「ティーチングプラクティス」では、生徒からどんな質問が飛んでくるかがわかりませんでした。
レッスン準備をしても、自分が予想している以上の事前準備が必要になり、 未達成感に毎回つきまとわれました。
レッスンをいかにわかりやすくするか四六時中頭の中で考えることがあり、 そのアイディアをもとに教材を作るのですが、睡眠時間を削っての結構大変な作業でした。

■大変な中、最後までがんばれた要因はなんですか?
最初のティーチングプラクティスの内容は散々だったんです。でも生徒の反応がとてもおもしろく、「また次もやりたい!!」と思う気持ちも強くありました。
ティーチングプラクティスは、回を重ねるうちに、自分自身がレッスンを楽しめるようになり、 その結果、自分が楽しんでレッスンをすると生徒も楽しんでくれているのが伝わってきて、どんどん教えることが楽しくなってきました。 「教えること」ということは、自分も何かしら学ぶことでもあります。
自分を高めたいという気持ちと、レッスンを楽しみたいという気持ちが最後まで頑張れた理由のような気がします。

■留学で成長できたことを教えてください。
クラスメイトとのグループ作業で話し合う機会が多いため、英語力はもちろんですが、会話力が伸びたと思います。 英語を話すことへの抵抗もなくなりました。 グループ作業の中では意見の食い違いもありましたが、自分達でとことん話して解決した時は、大きな達成感を得ることも出来て みんなでひとつのものを作り上げたという自信もついたと思います。

スナップショット

木村さゆりさん

クラスメイトとレッスンの準備中。
レッスンは、生徒が楽しんで勉強できるような内容を自分達で作り上げていきます。
先生になろうと思っている人はもちろん、英語力を伸ばしたい人、英語を別の角度から勉強したいという人に、お勧めします!!

 



資料請求

次へカテゴリトップ

語学留学プログラムへ

PAGE TOP