留学:ホーム > 体験談で探す > 体験談ページ

美容師の世界しか知らなかった私。
思い立って飛び込んだ世界を楽しんでます!

オーストラシア国旗大川 智子 さん TOMOKO OKAWA
ワーキングホリデー/オーストラリア(ケアンズ)
渡航期間:2007年6月〜

日本では、美容師をされていたという大川さん。そろそろ帰国も間近になってきた彼女の海外生活をのぞいてみました。

大川 智子さん
日本でのお仕事は? 美容師をしていました。
出発前の英語力と今の英語力 出発前は全くできませんでした。今は、ホームステイや仕事を通して、なんとなく相手が言っていることが理解できます。文法はめちゃくちゃだけど、単語をならべてなんとか相手に理解してもらえるくらいにはなったかな?
渡航のきっかけは? 学校を卒業してから美容師になったので、この世界のことしか知りませんでした。海外に行ったこともなかったので、視野を広げよう!と思って決意しました。

海外生活での暮らしについて

大川 智子さん
1ヵ月の生活費
収入 約$1,800〜2,000
支出 約$1,000〜1,200
節約のポイント ヘタに自炊をしない
1年間のスケジュール
年・月 学校等 仕事 旅行・その他 滞在方法
2007年6月 語学学校(Holmes)     ホームステイ
7月    
8月       ファームステイ
9月      
10月   美容室で勤務
一緒に働くスタッフ同士が仲良くなって、みんなでレンタカーを借りてシドニー⇔ゴールドコースト旅行をしました。
  アパートシェア
日本人、たまに韓国人とシェア。7〜12人。
みんな兄弟みたいに仲良しになって、毎日パーティみたいな感じ。

11月    
12月    
2008年1月    
2月    
3月    
4月    
5月     ラウンド  
6月 帰国

ワーキングホリデーQ&A

大川 智子さん■渡航された国・都市を選んだ理由は?
冬が嫌いで暖かいところが良かったから。また、オーストラリアはイギリス文化が残っているので美容の勉強になるかなぁ、と思って。ケアンズは、のんびりしていそうだったから。

■ホームステイはいかがでしたか?
ホストファザー&マザーと生活しています。学校から帰ってきてご飯の用意を手伝いながら1日の出来事を話したりしました。夜はDVDやTVを見て、分からない単語の意味などを聞いて教えてくれました。一緒に生活をしていると、耳が自然と英語に慣れてくるので、だんだん毎日が楽しくなってきます。

■アルバイトについて教えてください。
ラーメン屋のキッチンハンドと美容師のアシスタントのアルバイトをしました。選り好みしなければ見つけるのは簡単。でも、自分が希望する条件に合う仕事を見つけるのは、ちょっと大変かも・・・。1日中仕事場にいると、スタッフ同士が仲良くなって一緒に遊んだりするようになってきます。ただ、その分イヤな部分も見えてくるけど、何でも言い合える仲になったと思います。

海外生活で得たものは?

◇自分の意見をはっきり言うこと
思ったことははっきり言う。でも、相手のことを考えた言動を心がけなければならないなぁ、と思うようになりました。

先輩からのアドバイス

■日本から持ってくれば良かったと思うもの
たくさんのお金。持っていれば、もっといろんな場所に行けて、いろんなものを見ることができたはず。

■メッセージ
たとえ失敗しても、絶対にプラスになることが多いと思うので、思ったらとりあえず行動したほうがいいかも・・・。
こっちでできた友達は、長く付き合っていける確率大!

資料請求

次へカテゴリトップ

ワーキングホリデー(ワーホリ)プログラム

PAGE TOP