留学:ホーム > 体験談で探す > 体験談ページ

まさに「挑戦」と「創造」の旅。
どうにかなるではなく、どうにかすること!

カナダ国旗森嶋 俊介 さん SHUNSUKE MORISHIMA
ワーキングホリデー/カナダ(バンクーバー)
渡航期間:2007年3月〜

周りからも一目置かれる森嶋さんのカナダでのワーキングホリデーの生活と、考え方に密着取材です!

森嶋 俊介さん
日本でのお仕事は? 製薬会社の工場で品質管理試験をしていました。
渡航の目的は? @外国人相手に気後れしない精神を養う
A世界を旅し、風景と人との出会いに涙する
BCanadianに「お前はこの国に必要だ!」と言わせる

海外生活での暮らしについて

森嶋 俊介さん
1ヵ月の生活費
約$750 家賃$450/携帯代$50/食費$70/定期代$100/交際費$80
節約のポイント スーパー選び!
1年間のスケジュール
年・月 学校等 仕事 旅行・その他 滞在方法
2007年3月 語学学校 KGIC
ESLコースに2ヶ月。その後ビジネスコースへ。
    ホームステイ
4月  
5月  
6月   アパートシェア
シェアに移る時は、Deposit(保証金)として家賃1か月分が要りました。
●場所:Don mills(郊外)
●シェアメイト:日本人

7月  
8月  
9月 インターンシップ
会計と書類の作成
10月   アルバイト
コーヒーショップ
11月    

ワーキングホリデー生活Q&A

森嶋 俊介さん■英語力を伸ばすために現地で実践したことは?
初めの頃は、予習&復習、人が言った「言い回し」をメモ。英語で日記を書くなど。ホームステイの夕食時には、電子辞書を持参して、言葉に出来なかったことを書き留めて文章におこしました。少し生活に慣れ始めてからは、日本人とも積極的に英語で話したり、テレビを見てリスニング力を鍛えたり、コーヒーショップでネイティブスピーカーと、とことん夢を語り合ったり・・・。

■トロントはどんな街ですか?
リスが可愛い!ビジネスの街と言えども、いたる所でリスに出会えることから、自然を大切にしているのだと感じることができて嬉しいです。それから、ヒゲダンスは、ホームランバッター。ネタに困れば、是非!爆笑ですよ!ヒゲダンスは世界に誇れるダンスです!あとは、可能性に満ちた場所だと感じました。異文化、旅行、ビジネスに興味がある人には最高の場所だと思います。

■お家探しで苦労した事は?
電話でのアポ取りと、妥協点。カナダに来て一ヶ月過ぎの私には、面と向かった会話ですら大変だったので、電話は緊張の連続!言いたいことを文にしてからアポを取っていました。そして、大家さん・値段・立地条件・全体の管理状態にこだわり過ぎたため、良い部屋が見つからず、ホームステイを1ヶ月延長して継続的に部屋探しを行い、今の家に巡り合いました。結局は大家さんとのフィーリングが一番重要だと思いました。彼らも人を選びたいですからね。

■どんなお仕事をされていましたか?
コーヒーショップで接客の仕事をしています。仕事は、超楽しくて刺激的!事務職と飲食業を経験しましたが、「一歩ずつ正確に仕事をこなすことで信頼を得ることが出来る」という基本は世界共通です。
個人的には、「make sure」が大切だと思います。現地でアルバイトするメリットは、生きた英語が身に付くこと。お客様から「Sir」と言われたり、同僚からバックグラウンドの言語をたくさん学んでいます。辛かったのは、コーヒー屋のドライブスルーで、お客様を待たせた上に間違った商品を提供してしまい「oh, fucking guy!」と言われたことです。ええネタゲットや!良くも悪くも楽しいです!

先輩からのアドバイス

やりたいことは、大袈裟に!意思ある者には、道があるのが世界だと感じました。そしてフレキシブルに強い意志で決断をすることが大切です。私の場合は、当初の予定から三回大きく滞在計画を変更しました。常に前向きに自分のやりたいこと、可能性を捉え、現実と照らし合わせて考えるのもいいかもしれません。
最後に、「Just keep going」という私の大好きな言葉を送ります。これは、勉強・仕事探しの場面で力をくれた言葉でした。イメージは、登り坂。皆さんも英語の壁にぶち当たるかもしれませんが、この言葉が力になれば嬉しいです。

資料請求

PAGE TOP