留学:ホーム > 体験談で探す > 体験談ページ

なぜか、直感的にパースが自分の都市だと確信。
セカンドワーキングホリデーで再び帰ります!

オーストラシア国旗伊井 美由紀 さん MIYUKI II
ワーキングホリデー/オーストラリア(パース)
渡航期間:2007年10月~

「落ち込んだことはない!今が楽しいから覚えていません」と答えてくれた、伊井さんのハッピーな毎日をご紹介。

伊井 美由紀さん
日本でのお仕事は? 空港内の売店で販売員をしていました。
出発前の英語力と勉強方法は? 挨拶程度。英会話教室に1年くらい通っていましたが、役には立たず。
渡航のきっかけは? 仕事で出会ったお客さんの影響です。アジアからチャーター便で来る若い人たちが英語を使っていることに刺激され、英会話をはじめました。それがきっかけで、どうせ新しいことをはじめるのなら、仕事も辞めて1年くらい海外に行ってしまえ!と渡航を決意しました。

海外生活での暮らしについて

伊井 美由紀さん
1ヵ月の生活費
収入 $1200
支出 $550
節約のポイント シェアハウスが安い!($90/週)そして賄いで食費節約。
現地での仕事 ジャパニーズレストラン(時給$10)、ワイナリー(時給&16)
1年間のスケジュール
年・月 学校等 仕事 旅行・その他 滞在方法
2007年10月 語学学校GEOS
「英語で」「英語の」授業を受けたことがなかったため、日本語で言う「動詞(verb) 」や「名詞(noun)」などの言葉がさっぱりわからず、慣れるまで一苦労・・・。
    ホームステイ
11月    
12月 日本食レストラン
でアルバイト
  アパートシェア
2008年1月  
2月  
3月  
4月       ファームへピッキング
セカンドワーキングホリデービザ取得のため
5月      
6月      
7月   ウェイトレスのアルバイト    
8月      
予定 一時帰国後、セカンドワーキングホリデーで再度渡豪

ワーキングホリデー生活Q&A

伊井 美由紀さん■驚きの現地週間や、生活のギャップを感じることはありましたか?
ハンバーガーを食べるときに、包んである紙から全部出してたべること。フライドポテトもトレーの上に全部出しちゃうんです。
あとは、室内がどこも禁煙なので、歩きタバコが目立ちますね。

■滞在スタイルについて教えて下さい。
最初の6週間は、父と母と20代の娘二人のお宅にホームステイしていました。マレーシア人の家庭で、料理がとにかくおいしくて、最後まで食卓に居座っていました。残念だったのは、一緒に出かける機会があまりなかったことです。
その後は、フランス人・台湾人・日本人の計4人でアパートシェアをしました。洗い物が溜まったり、キッチンやお風呂などの共有スペースを使うタイミングが難しかったり、共同生活の大変さを感じましたが、いろんな国のいろんな話が聞けて良い経験になりました。

■日本から持ってきて、役に立ったもの、不要だったものはありますか?
★役に立ったもの・・・ポケットティッシュ、おでかけ用のちいさなバッグ
★不要だったもの・・・ヒール付きのサンダル(ビーサンが一番!)

海外生活で得たものは?

海外生活を通して、人のありがたみを改めて感じ、素直に『ありがとう』と言う気持ちを伝えられるようになりました。そして、今まで知らなかった自分に出会い、自分自身を見つめなおせる時間にもなりました。
友達いわく、私のイメージは「笑顔」。これで乗り越えたことがたくさんあります。日々笑顔を作っていたら、周りもハッピーになるんです!

今後の予定は?

10月に一時帰国後、セカンドワーキングホリデーで、再度オーストラリアに戻る予定です。
そのときもまたパースに帰って来ます。運命ですので。

資料請求

PAGE TOP