留学:ホーム > 体験談で探す > 体験談ページ

自然豊かな国で旅するワーホリ 新年は旅先で

ニュージーランド榎戸晴恵さん HARUE ENOKIDO
ワーキングホリデー/ニュージーランド
入国時期:2007年9月

ワーホリだからできる、海外生活の合間でのラウンド(旅行)体験。
特にニュージーランドは豊かな自然に魅了されて、旅行ワーホリ派の方が選ぶことの多い国です。
そんな旅行ワーホリ派の、ラウンドライフの一部を大公開。

榎戸晴恵さん
この国に決めた理由 トランピング(泊りがけで行く山歩き)に興味がありました。
クライストチャーチを知って、日本と同じ位の大きさで移動しやすそうだし、写真での雰囲気もよさそうだったのでここにしようと決めました。
出発前のお仕事 神社の巫女さん

クライストチャーチ発の12日間ラウンド

フラットのオーナーはアフリカ出身の優しい親子Q. クライストチャーチ12日間のラウンドの感想は?

ニュージーランドでは、まさにポストカードと同じ、息を呑むような景色が見られます。あまり歴史は古くない国ですが、自然、そして古い建物、博物館、ウォーキング等幅広くいろんなジャンルで楽しめます。

念願だった英語環境でのアルバイトを見つけた!Q. どんなところに泊まりましたか?

ユースホステルを利用して、ドームという6~8人でシェアをする部屋に泊まりました。
たくさんの旅行者と話すことが出来ました。旅の醍醐味ですね!でもシェアルームなので、次の目的地に出発する朝の荷造りやシャワーなどは、他の人を起こさないように静かに気を使って行っていました。

12日間の旅プラン (出発・到着:クライストチャーチ)
1日目-2日目 トランツアルパイン列車でグレイマウスへ
3日目-4日目 フランツジョセフで氷河ウォーク
5日目 ワナカ
6日目-8日目 クイーンズタウン。そのうち1日は世界遺産ミルフォードでクルーズ満喫。
9日目-11日目 ダニーデン(新年のカウントダウンを体験)
12日目 レイクテカポ

ワーキングホリデー スナップショット

フラットのオーナーはアフリカ出身の優しい親子氷河ウォーク

特に印象に残っているのは、フランツジョセフでの氷河ウォーク。
氷河に着くまでの道のりが大変だった分、氷河の上を歩いて透き通ったアイスブルーの色を見られた時は感動でした。
ニュージーランドは、レインフォーレスト(ジャングル)があったり、その近くに氷河があったりと、とても不思議な国です。

念願だった英語環境でのアルバイトを見つけた!ダニーデンに住んでいる友達を訪ね、一緒に新年を迎えました!

日本のような厳かな新年ではなく、皆、大騒ぎです。12時の鐘と同時に花火が上がった瞬間は最高でした!でもそのすぐ後、目の前で、しかも人のほうに向かって放たれたキャノン(大砲)は衝撃的でした。おそらく空砲だとは思いますが、さすがニュージーランドと心から思いました。

資料請求

PAGE TOP